ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

ニンニンジャー

手裏剣戦隊第16話感想

サブ脚本で毛利亘宏さんが初参加。今週の妖怪の声が真殿光昭さんで、またプリキュアキャスト(『Go!プリンセスプリキュア』でクローズを演じてました)。

手裏剣戦隊第15話感想

今週の妖怪・フタクチオンナの声優が沢城みゆきさんなのは、やはり柴田Pの縁なのかな(沢城さんは『Go!プリンセスプリキュア』にトワイライト役で出演)。

手裏剣戦隊第14話感想

うーん、メッセージ&テーマ性特になし、作品の根幹にかかわる事情を特に膨らませない、かといって素直にドタバタコメディとして見ると勢い足りず。評価が難しいなあ。

手裏剣戦隊第13話感想

忍者運動会とか言われたら世界忍者戦みたいなはっちゃけたのを想像するんですけど。

手裏剣戦隊第12話感想

前回、雷蔵との闘いで大きな傷を負って戻ってきた天晴。はたして…。

手裏剣戦隊第11話感想

弟子入り志願のキンジ・タキガワを警戒しつつも、共に暮らすことになったニンニンジャー。

手裏剣戦隊第10話感想

前回、何者かに斬られた好天。その犯人を倒すため、おでん屋となっておびき寄せる天晴。犯人・スターニンジャーはアメリカから渡ってきた自称リアル忍者にして妖怪ハンター、キンジ・タキガワだった。

手裏剣戦隊第9話感想

八雲の母親・春風は世界的ファッションデザイナーであることが判明。そんな母をさておき、妖怪を倒す自分たちと別の勢力の存在、そして終わりの手裏剣を気に掛ける八雲。