ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

手裏剣戦隊第11話感想

弟子入り志願のキンジ・タキガワを警戒しつつも、共に暮らすことになったニンニンジャー。

 九衛門がヤカンから作り出した妖怪・エンラエンラを追ってきたニンニンジャー&スターニンジャー。と、同時にガシャドクロも出現、ドラゴマルとシノビマルで対応しようとするも、何故か180度反転して去っていくシノビマル。

逃げたシノビマルが体育座りで動かなくなっているのを発見した天晴だが、原因がつかめない。そこで霞、機械や動物と意思疎通できる特製翻訳機「カラクリ忍ほんやく~」を取り出す

凪から「いつの間に」とツッコまれますが、この人の場合問題は「いつの間に」じゃなくて「どこで」だと思うんですがまた大学研究室をそんなことに使ったのか?!

翻訳すると、シノビマルは最近、ドラゴマルやパオンマルやロデオマルの方が持ち上げられて、自分の影が薄いことに悩んでいるという。えー…パオンマルはさておき、まだ二回しか出番のないロデオマルを比較してもしょうがない気がするんですが。

そしてコラボ回以降忍びに忍んでいるUFOマルの立場やいかに。

天晴が説得に挑む中、八雲(ドラゴマル)とキンジ(ロデオマル)は互いに邪魔しながらガシャドクロを撃破。キンジは忍者でありながら魔法使うとか邪道だろ、みたいな煽りを八雲に向けるが、残念ながらそれは第2話で既に通った道で、今や魔法忍者を目指している八雲にとってはさざ波ほどの影響も与えることはなかった!

そして、説得を挑み続ける天晴の下に現れた雷蔵、天晴との真剣勝負を望む。修行の成果を発揮しつつ、雷蔵と互角の勝負を演じる天晴だが、雷蔵の本気の剣とのぶつかり合いの末、勝利。しかし深手を負ってしまう。…なんか、話全体の雰囲気から浮いている上に結構真面目にやり合っていて、あまり書くことがありません、この戦闘。まあ、九衛門の分断作戦によって無闇な天晴ワッショイ展開にならずに済んで、話としてはすっきりしてきましたけど!

そのころ、街中ではエンラエンラの能力によって、町の人の孤独感や絶望感が増幅される事件が発生。シノビマルの不調もあれが原因か、と理解する霞・風花・凪だが、風花と凪もその術中にはまってしまった!

一人だけ顔を背け、口と鼻をふさいで回避する霞がどこまでもしたたか。

落ち込む凪と風花だが…あの、凪くん、君はスターニンジャーが濃いとか関係なく非常に透明なキャラですから

どこまでがギャグのつもりで描いているんだろうか、これ……

公園の岩山型遊具に閉じこもってしまった風花と凪。それを引きずり出すため、外で騒ごうと魔法で演出しながら、踊り始める八雲と霞。

さそうおどりにつられて踊ってしまうスターニンジャー。

……マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー

ドン引きしながら覗き見てきた二人を引きずり出すも、全く変化なし。小さいことで気にするなという八雲に、「小さいことじゃない」「ヤッくんにはわからない」と駄々をこねる二人だが、

「そんなことないです!八雲君、最近、忍者としての自分に自信が持てないんです。だから、魔法ばかり使って……

策士・霞、本領発揮。

第2話で八雲を煽り立てて魔法封印させてたのが、ここに効いてきた。

その言葉を聞いて「ヤッくんの不安に比べたら自分たちなんて…」と、気合で術を解除した二人。

自分より下の存在を見てやる気を取り戻した!!

ひどい、酷すぎる(笑)

そしてその事情で納得してしまったスターニンジャー、今回はニンニンジャーに加勢することを決める。今後の展開次第で八雲に対するひどい誤解が強まっていきそうな気配ですが、八雲だから仕方がない。

スターニンジャーとアオニンジャー、連係プレイでエンラエンラをボコボコにし、二人で爆発するエンラエンラを背後に記念撮影。直後巨大化するが、復帰したシノビマルのシュリケンジンとバイソンキングによって、爆散。いつも通り、忍ばずワッショイで締め…と思わせたところで、天晴の変身が解除され、倒れてしまった!

帰国子女・八雲と妙な日本語のキンジの二人を絡めつつ、ギャグとシリアスを同時展開し、キャラに嫌味を特に持たせることもなく進んだエピソード。途中で触れましたが、天晴を分断したことで安直に天晴を持ち上げない展開となり、これまでの話で感じていたストレスが解消されたのは良かったところだと思います。しかしなんというか…ギャグのノリが師匠(浦沢義雄)に近い気がするぞ、今回。