読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第15話感想

特撮感想 シャイダー

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 本日の名台詞。

アニー(マリン星について)「美少女だけの不思議な星なの!」

メルトランディ?

途中でマリン星のイメージ図として金色の海亀の周囲を泳ぐ全裸の美少女たちの絵が出てくるのですが、美術班はどういう気分で描いたのだろうか。

 

冒頭から挿入歌『シャイダー・ブルー』が1コーラス終わるまでひたすらドライブする沢村大を撮り続ける小林監督。見ていて不快には感じないのですが、あんまり長すぎて演出と言うか尺余りをごまかした感じが漂います。

フーマに滅ぼされたマリン星。その生き残りは地球に逃げており、その捕獲とマリン星の守り神・ゴールドトータスを求めて、フーマは不思議獣ガメガメをはじめとする刺客を放っていた。

独自言語で「どこにいるの、トータス」とか喋るマリン星の少女たち、やっぱメルトランディ?

配信前日に弟と一緒に『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を見たばかりなのですが、調べたらちょうど『宇宙刑事シャイダー』と『愛・おぼえていますか』は同じ年で、このエピソードの方が放映が先だったので、単なる偶然の一致っぽい。

で、肝心のゴールドトータスはと言うと、哀れにも小次郎さんのペットショップの水槽に入っていた!

どこから拾ってきたのか知りませんが、貴重なウミガメを何さらっと売り物にしてるんだアンタは。

以前、沢村大に「UFO取りに行きたいからバイトやってくれ」と頼んでましたが、大ちゃん、絶対断ろうよ。ここ確実にブラックだよ?!

オカリナでトータスを呼び、それに反応する鳴き声で探し当てたマリン星の少女たちは、小次郎さんをオカリナで惑わせ、隙を突いてトータスを盗み出した。

……こーいうのを、信賞必罰って言うんだろうなあ。

それを知って追いかけ、マリン星人を保護した大とアニーは、海辺へ。

何故か水着に着替えるアニー。

何故かボートクルージングの大。

何故かまた流れる挿入歌『シャイダー・ブルー』。

しかも歌詞がAパート使用時は1番(心の中に空はあるかい)、Bパートでは2番(心の中に海はあるかい)と使い分けていて、場面にも合わせていて、無駄に凝っている(笑)で、これを踏まえるとAパートのも尺余りの誤魔化しではなかったのかなあと思…いかけたんですが、正直こっちのこのシーンも何がしたいのかよくわかりません。

そこを襲うフーマの軍団に焼結して立ち向かうシャイダー。ここで流れるのは挿入歌『青いイナズマ』ですが、Aパートでもこれが使われていて、挿入歌祭だけど使ってるのは二曲だけ(『アニーにおまかせ』はイントロとアウトロだけの編集版)。挿入歌使えと言う圧力でもかかったんでしょうか、小林監督。

そして胸元と背中がざっくり開いた水着でいつも通りの格闘アクションを繰り広げるアニーが、今週最大の見どころ。

フーマを撃退した宇宙刑事コンビが海に向かうと、海に消えていくマリン星人の姿。その残したオカリナを、決して忘れまいとしてるかのように車に飾るアニー……。で、ナレーションが「海の世界へ戻った」と言うんですが、あのー、そこは地球の海ですよ?!

話自体はかなり薄味なんですが、アニーが表情などの演技で自らの過去をマリン星人の境遇に重ね合わせようとしている姿が見て取れるなど、前回に引き続き演出で乗り切った印象のエピソード。

次回、最強の不思議獣、登場…?