読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第20話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 不思議フラワーの花粉を浴びた人間は、不思議ソングを聞くことで狂暴化する「不思議ソング病」となる。過去に二つの星が滅びた恐るべきその病気だが、シャイダーたち宇宙刑事は研修中に接種したワクチンで無事だった。それを広める不思議獣・シギシギの撃破と、銀河連邦警察から提供された情報を基にワクチンを作るため動き出すシャイダーたち。

あーまたワンパターンな作戦だなーと思っていたら、総理が戦争を始める宣言したり、国際会議が不思議ソング病患者によって最悪の結果となり核戦争の危機というトンデモ展開に。

もうすぐ地球に火がつくとご満悦のクビライですが、あなたたちの目的って無傷の地球を得ることで、地球人が核戦争したら意味ないのでは(^^;

そんな危機で、ワクチン培養にあと1週間!と切羽詰まった様子を見せますが、シギシギを撃破したら普通に1週間持つことができて、大したことない印象に。

で、小次郎さんは特異体質で病気が通用しないのですが、Aパートで大に助けられてから全く拾われず、一体なんだったのか(^^;

特に見どころと言えるものもなく、平坦な話でした。

次回、また家族の絆を…珍獣メイン?