読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第21話感想

特撮感想 シャイダー

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 不思議獣スリスリがカメラマンとしてある一家を撮影。そのフラッシュには珍獣を家族と思いこむ刷り込み効果が備わっていた。林間学校で家を離れてたためにその影響を受けなかった千春は、その後家に仕掛けられたフラッシュを浴びても効果が発揮されず、ヘスラー将軍はスリスリにもう一度完璧に効果が出せるように指示。

千春に刷り込みを完了したスリスリ、アニーに見つかるもアニーにもフラッシュ。刷り込みでスリスリをシャイダーと思いこむアニー。それを助けに来たシャイダーにもフラッシュを浴びせるが、無効。

恐るべし、コンバットスーツ……

いったん撤退した宇宙刑事コンビ、バビロスで長官の指示を仰ぎながらアニーを治療。

「元通りになりますか?」

「なる。今刷り込まれた記憶を解体し、元の記憶に戻しているところだ

……さらっと言ってますけど、それって超危険な技術なのでは。

銀河警察の暗部を見た者にメモリウォッシュとか、そういうことに応用されてないか不安です…。というか、これまでの銀河警察の諸々を考えると本当にありそうで怖いよ!

長官との会話でフーマの狙いは家庭崩壊だろう、とにらむ沢村大。まあフーマにして見ればいつも通りだけど、一つの家庭を壊すのに何体珍獣を使うのか。これまでの同系統作戦の中で一番非効率な気がします。

そして、シャイダーに通用しないのはコンバットスーツのゴーグルの力だろうと長官が推測。フーマも同じことを考えており、素顔を狙えばシャイダーも骨抜きだ!とはしゃぐ。

そして、小次郎のペットショップに集まる子供たちは、動物を家族と思いこむなど刷り込み効果の影響を受けていた。

ああ、これなら珍獣送り込むでもなく人間社会が混乱に陥って大崩壊、ではあります。つまりは珍獣家族計画に意味はない!(笑)

というか家庭崩壊作戦ならそこで絞り込めばいくら無理がある作戦でも「そういうもの」と割り切れるのに、明らかに家庭外が崩壊している(小次郎さんは豚のトンコをアニーと勘違いしていた)描写にしてしまったので、本当に珍獣家族計画とは何なのか、意味が分からなくなりました(^^;

スリスリ人間態が撮影しているところを発見して追いかける宇宙刑事コンビ。しかし倉庫に誘い込まれ、素顔のところでフラッシュを受け、基地におびき寄せられる。

モニターでこれからの計画を見せるヘスラー。家族構成も結婚も教育・思想も、全てフーマが管理する!と、家族崩壊からかなり壮大な計画にすり替わった!

悪の計画としてはオーソドックスだけど恐ろしい部類の計画ではある……んですが、生活を管理する珍獣の姿がどうも深刻なものに見えない(笑)

ベビーカー押しているノッソリとか、微笑ましすぎて全然怖くないのはさすがにどうにかしてほしかったところ。もともと珍獣は怖い系統のデザインじゃないのですが。

「よーくわかったぞヘスラー!」

刷り込まれたはずなのに普通に会話する大…なんと、コンバットスーツのゴーグル素材でコンタクトレンズを作り、フラッシュを無効化していたのだ!

そしてアクションシーンへ。ところどころ入れ替わっているのはわかりますが、円谷さんも動きにキレが出てきて、見ごたえが出てきました。

地下基地をシャイアンで吹き飛ばし、スリスリを一刀両断したシャイダー。人々の家には平和が戻り、大たちも小次郎さんのペットショップへ。

アニーの美貌に一目ぼれし、トンコを刷り込みでアニーと呼んでいた小次郎だが、そんな彼に

「そんなに好きなら本人に直接言えば?」

デリカシーのない沢村大。

本人、横にいるのに(笑)

次回は、また水着ですか。