読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第23話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 対バビロス用巨大ビーム砲を建造中のフーマだが、そこに神官ポーが入っていくところを偶然小次郎に見られてしまう。沢村大はその一帯を調査するが、不思議獣ガスガスの毒ガスは音声と電波を妨害するもので、焼結を封じられてしまいピンチに。何とか逃げ惑う大、追い込まれるが異変に気づいたアニーによって焼結。毒ガスで傷つきつつもガスガスを倒し、ビーム砲も破壊することに成功したのだった。

……まるっきりあらすじですが、本当に良くも悪くもこれだけ(^^;

焼結が封じられている都合から本編のアクションはほとんど沢村大の生身になるのですが、うーむ、やっぱりこうして見ると頑張ってはいるんだけど、円谷さんのアクションのキレは先輩二人と比べて劣るなあと実感させられます。勿論、前二作の主役がアクション畑の人間なので比べるのは厳しいのですが、話の中身がそれほど濃くない以上、特にこれがすごい、って思えるアクションがないのはちょっときつい。

で、今回判明したのはプラズマブルーエネルギーはバビロス側からの操作でも照射できる、ということ。実は攻撃に転用できたりしないよね?

次回、神官ポーの秘密とはいかに。