読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

変身忍者嵐 35・36話感想

youtubeで配信された『変身忍者嵐』の感想。

35話

前回のピンチを月ノ輪とタツマキによって脱した嵐だが、ゴーレムと地の巻を奪いあって争った結果、行方不明に。タツマキは伊賀忍者の救援を呼んで嵐を探す一方、再生妖怪は彼らを復活させた妖怪グレムリンと手を組む。ハヤテはある親子に助けられていたが、そこに襲い掛かるグレムリン。さらに伊賀忍者は殺され再生妖怪と入れ替わっていたが、月ノ輪との協力で嵐はこれを打ち破るのであった。

グレムリンの笛や壺、嵐捜索のためタツマキとツムジが飛び降りるときの傘など、小道具が楽しい話。

また日中でも活動しているドラキュラというツッコミどころに、ドラキュラの弱点が十字架であることを思い出す嵐が刀で十字を組むも効かず「復活の際に弱点を取り除かれた」と説明を入れたり、そこでグレムリンが復活させたことや会話で笛を恐れるシーンを挟み込むなどして、テンポが悪くならない程度に理由づけや説明が行われるのが上手い。

伊上勝の脚本、たまに説明が一切なしの無茶な展開があったり、逆に理由づけをこだわりすぎて変になったりすることがあるのですが(どちらも『アクマイザー3』であったパターン)、こういう細かい仕事はこの時代の他の脚本家と比べてやっぱり優れているよなーと改めて思います。

しかし、再生怪人がしっかり強いのって珍しい気がする(笑)

姫路城は守られ、ハヤテ一行はまだまだ魔神像を目指す!

36話

サイレーン怖いよ

巻貝とかのイメージなのだと思いますが、顔面にデカい穴(というかデカい管になっている顔)という造形は、普通に怖いです(^^;しかもこれがウツボみたいな手を持ってサイレンの音鳴らしながら迫ってくるとかどこのホラー映画だ。

ハヤテを自らの城に魔術で呼び込んで罠にかけようとするサイレーンだが、その城を怪しんで入った猟師の親子によって妨害される。父は殺され、娘はハヤテ一行に匿われることに。

ハヤテを誘い出す餌に本物の忍者大秘巻を出す道人。

実際に罠(落とし穴)にかけることができたのですが、月ノ輪の存在を忘れたために罠から助けられたうえ天の巻を奪われるというひどい展開。

サイレーンは猟師の娘とツムジから地の巻を奪い、二人を殺そうとするも、そこに現れた唐人風の男。前半にも顔を見せており悪魔道人の手先だと疑われていたその男は、百地仙人の使いでハヤテを助けに現れた沢村忠だった!

ここ何度かあった格闘家のゲスト出演ですが、以前の二人に比べれば自然に登場した上に百地仙人の使いというそこそこ美味しいポジションを得た沢村さん。

パンツ姿にならなければ、完璧だったのに!

英語のスポンサー名つきのトランクス、なにか制約とかあったのでしょうか、これ(^^;

サイレーンとの対決で、羽根手裏剣により耳をふさいで音を封じた嵐(「どうだ!」じゃないよ(笑))は、一撃を浴びせて猟師の娘に刀を渡す。

「おっ父の仇だああああ!」

嵐、子供にとどめを刺させる。

もう……なんというか、なんというか……何も言えません。

猟師の娘は沢村を通じて引き取られ、こちらは解決するものの、地の巻は死の間際のサイレーンによって悪魔道人に届けられ、互いに持っている大秘巻が逆転しただけで進展なしというオチ。

うーん、いつまで続くんだろう、この争奪戦。そろそろダレてきたぞ(^^;