読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第25話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 暴走族を超能力で襲う少女・エスパークイーン。沢村大たちはこの騒動の裏にフーマがあるのではないかとにらむ。予想通り、これは超能力を持つ少女をエスパークイーンに仕立て上げ、少年たちをまとめ上げて侵略の尖兵にするフーマの計画だった!

地球はまさに世紀末だ。人間の心に、地球全体に暗雲の死臭が立ち込めておる。どんな人類にこの地球の危機は救えまい」

終末思想はこれより以前からあるのでしょうが(ノストラダムスの大予言が流行したのが1973年で、『仮面ライダーX』でもそれを基にしたエピソードがありました)このころから既に「世界の終わり」という意味で「世紀末」という単語が使われていたのでしょうか。と思って調べると『北斗の拳』が『シャイダー』の前の1983年の開始でした(アニメは翌年=シャイダーと同じく1984年からの開始)。

「暴力の美しさを教育し、地球を内部から破壊することによって地球を救うのです!」

結構強烈な台詞だ(笑)

そして街中で暴走族を追いかけ、エスパークイーンの居場所を吐かせようと締め上げる大の姿。

最近、コンバットスーツなしでもかなりアグレッシブになってるような(^^;

ディスコでエスパークイーンに似たウエイトレスを見た大は、その少女の名前があかねであることを知り、学校で聞き込み。

教師によると、父が交通事故で不自由だが経済的に問題は無く、まして模範的な生徒のあかねがそんなところで働くはずがないとのこと。実際にあかねのマンションへ行っても、とてもそんな悪行をするようには見えない。

アニーがあかねを尾行する間に、大は呼び鈴鳴らして父を呼んでも反応がなかったので窓から侵入。

おもむろに不法侵入ですが、それにあきたらず

「怪しいものではありません、私は宇宙刑事です」

1000%不審者です(笑)

ていうか久々に見たけど、このパターン封印したわけじゃなかったのか(^^;

当然のごとく逃げて縮こまる父に

「あかねの父の気の毒な姿を目の当たりにした沢村大は、疑った自分を恥じた」

とナレーションが無理矢理説明(笑)

で、本当にそのまま撤退する大。

あかねを追うアニーはエスパークイーンに襲われ、これを威嚇射撃で撃退するもギャル軍団参戦でフーマの陰謀があることが判明。あかねとフーマの関係をどうごまかすのか気になっていたら、何もなし(^^;

フーマは決起の時期を早め、自宅で唸り声を上げて色々浮かび上がらせたり光らせたりテレビに映像映すあかね父。そこに戻ってきた大とアニーだが、あかね父の姿は無く、自分たちが部屋に閉じ込められ、発生する怪奇現象に翻弄される。窓に吸い込まれていくアニーをつかむ大とか、小林監督の演出が冴えると言えば冴えていますが、正直何が起こっているのか頭の方で理解が追い付けなくて、ハッタリ優先でとりあえず見せている、というような気がしてなりません。

そして、本物のあかね父を発見する大たち。生かしていたのか、という疑問は置いても何故本物と断定できたんだろう。

そのころ巷の若者たちはエスパークイーンにより一斉決起。一か所に集まる。

「これから放送局、国立銀行国防軍の武器庫を進撃し占拠する!」

こ、国防軍?!

以前からうすうす、シャイダー世界は我々の住む日本とは色々な制度や地球外生命などへの認識が異なっている世界だろうとは思っていましたが、いつの間に軍隊を再編成した日本。

上原先生、上原先生、これ「帰ってきたウルトラマン』じゃないですよ?!

さて、やってきた沢村大はあかねを説得。

「あかねさん、君は騙されている!君を操っているのはフーマだ、君のお父さんじゃない!」

……え、そこ話の軸なの?

別にお父さんだから操られることを受け入れてる、という展開で進んでいなかったので、大の説得が明後日の方向に(^^;

と思ったら、背後からフーマの用意した偽父が!そこにアニーが本物を連れて現れる!

いや、だから…そこに持っていくなら「お父さんだから操られている」というポイントはもっと強調しておいてほしいのですが。

本物の父を見て苦しむあかね。偽父をアニーがビームで攻撃すると、不思議獣サイサイに!シャイダーは戦闘の末これを倒し、あかねは普通の女子に戻り、父も元気になった、とナレーションが強引にハッピーエンドに持っていきました。

演出が力技でところどころ見せてはいるものの、全体の流れとしてはグダグダ(^^;特にあかねの父の偽物を使ってあかねを操る、というポイントについて「あかねは父の命令だから従っている」というところをきちんと見せなかったのが残念。

次回、悪霊。