読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

手裏剣戦隊23話感想

特撮感想 ニンニンジャー

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の感想。

 暑い中で天晴に上級忍術を実験する霞。どうやら上級忍術は複数の属性の合わせ技幻術の模様。他の連中を出し抜くためにこっそり練習していた霞に、その成果を自分にも教えてほしいと頼む凪だが、拒否される。

「自分からどんどん挑戦しないと、いつまでたっても大きくなれませんよ」

と諭す霞姉ですが、真相はライバルは一人でも少ない方がいいだと思います(笑)

暑いからと公園で砂場の山を破壊したりとみみっちい悪事で恐れを集めていた有明の方を、撃退するニンニンジャー。有明の方を手数で圧倒した上に口げんかで追い返した霞(「ごきげんよう」は声優関連の一発ネタかと思ったらまた使用されました)、それに怖いものがあるのかと疑問に思うニンジャ一家だが、こっそり風花に話すところによると、幽霊が嫌いだという。

……散々妖怪蹴散らしておいて、今更幽霊?

とても怪しいのですが、それを聞いた凪は彼女をぎゃふんと言わせたいと肝試しを画策。乗りまくる男衆で、一人八雲だけどうでもよさそうにしていたところに、凪、

「やっくん、霞ちゃんが怖いんだ」

核突いた(笑)

と言うわけで、廃学校で幽霊の目撃情報あるから探索、という名目で肝試し開始のニンニンジャー。

「何?忍者肝試しとな」

ジュッカラゲからその情報を伝えられる有明の方。カキ氷に恐れの力をかける九衛門にまたも「きつね」呼びをして、それに不満そうに「九衛門でござりまする」と返す九衛門。正影はわざと呼び間違えていたのでしょうが、こっちは完璧にあだ名の扱いだ(笑)

にしても九衛門、名前間違いはともかくとしてもあだ名に不満を示すのは、名前にこだわりとかあるのでしょうか。

肝試しのみなさん。落ち武者とかはいいとして、天晴の

赤ピーマン

は、それは都市伝説の現代妖怪とか不審者の類ではないのか(^^;

出てきた風花は、4人が化けていない女の幽霊が一番リアルで怖いと話す。そして霞が行方不明。まさか本物の幽霊に…?となって、男衆、天晴以外硬直。

赤ピーマンが単独突入することになるが戻ってこない。八雲とキンジが突入するが轟く悲鳴。残された風花と凪が入っていくと、そこには氷漬けのみんなの姿。全てはカキ氷器から作られた妖怪ユキオンナの仕業だった!

戦いの中で風花まで凍らされ、ピンチの凪。霞の言葉を思い出し、自分が頑張るしかないんだと立ち上がる!上級忍術で砂漠の幻影を見せるが、逃げられてしまう。

そこに響く霞の声。実は凍らされたのは身代わりであり、全ては幽霊が苦手だと吹き込むことで肝試しを凪に画策させ、それに有明の方を食いつかせて誘い出すという、霞の罠だった!

身内を囮の罠に使う事を、最初からすべて計算づくで動いていた霞が超邪悪。

それと同時に、そうとも知らずまんまと霞に乗せられて策を練ったつもりが色々残念なまま、結局霞に美味しいところ持っていかれる凪が超哀れ(^^;

凪と霞は豪快に火炎を校舎に広げ、氷漬けのみんなを救出。全員でかかることになって、凪が上級手裏剣忍法アツアツバーベキューの術を発動。

バーベキューコンロの上で焼かれる幻覚を見せるという発想は嫌いじゃない(笑)

倒したユキオンナが巨大化したところに巨大ロボ三者が向かうが、吹雪に取り込まれる。一気に突き抜けようとする天晴を制止する凪。全ロボが吹雪に巻かれて雪だるまになるが、突き出してくる覇王シュリケンジンの腕。雪だるまのまま突撃!

夏のギャグ回ということか、今回色々攻めてきます(笑)

ユキオンナ撃破後、家で正座の男衆。旋風父さんは本当は幽霊は嫌いなのかと尋ねるが、霞曰く、非科学的なものなので大好き!という返答。まあ宇宙人が好きな人なので、なんとなく想像は付きますが、そこから「今度は青い海が怖い」と落語オチ。

一方、業を煮やした有明の方は、ヨーロッパから助っ人モンスターを呼び寄せることに…変身忍者嵐』?

と思っていたら、次回予告で堂々と「わしこそ西洋妖怪フランケン!」と自己紹介。さあどうなる、ニンニンジャー。