読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

アクマイザー3 第35話と第36話感想

特撮感想 アクマイザー

youtubeで配信された『アクマイザー3』の感想。

第35話

 冒頭から光彦の立小便を浴びるガブラというひどい絵面。今だったら多分放映できない(^^;

 ムササビーダのまき散らすロボットガスによって、光彦たちハイキングの少年がムササビーダの意のまま動くロボットにさせられる。それに立ち向かうザビタンたち。

「ムササビーダ! お前の企みは何だ?!」

「バカが、敵に目的を教えられるか!」

「ならば、力づくで白状させてやる!」

 って以前にも聞いたやり取りですが、伊上さん気に入っているのかしら。まあ、敵が一筋縄ではいかないことを示すのにとても有効なやりとりですが、特撮の悪役は割とペラペラしゃべるイメージなのを、東映特撮の礎を築いた伊上さんはむしろ喋らせないようにしているのはちょっと驚き。

 ムササビーダは東京中にガスを撒き、人々を暴れさせて社会を大混乱に陥れる。

 ビルがはじけ飛んで火の海になってますが、この手の作戦としては案外大規模の部類かもしれません、この被害。

 人間の科学ではガスに対抗できないが、分析の結果ムササビーダ部隊が解毒ガスを使っているとにらんだアクマイザーはムササビーダを尾行し、その基地内へ侵入。だが戦闘でムササビーダは解毒ガスタンクを破壊、さらにロボットガスを振りまいていく……と思いきや、ガスボンベのシールが貼り替えられ、実は解毒ガスを撒いているのだった!

 飛んで逃げるムササビーダをイビルが変化したシーソーで飛んで撃墜し、魔法陣アタックでKO。街は平和になった。

 話としては非常にシンプルで、可も不可もなく、というところ。

第36話

 アクマ族ガマーダは50人の子供と50人の美女を鉄球に変えて飲み込むことで、自らをハンサムに変えようとしていた。それを聞いたガブラッチョは焼き鳥扱いされ食べられそうになるが脱出、最後の美女として狙うミグサをアクマイザーが護衛する中、ガブラは一人で基地を破壊しようとするが、捕まってしまう。

 妙にガブラにやさしく接するガマーダ。と言うのも鏡テレビに一番醜い顔は誰かと聞くと、去年まで自分だったのが今はガブラが出てくるので、ガブラに親近感がわくのだとか。

 鏡を見て自らを「味のある顔」と評するガブラ(笑)

 ガブラッチョになって基地を破壊しようとするが、飲み込まれてしまうガブラ。さらにミグサを追うガマーダは腹の中からダチョウの舞で踊らされたりしながらも、ついに彼女を飲み込む。

 憤るイビルとザビタン。だが悪魔力に翻弄され万事休す……となったところで、胃袋の中のガブラッチョに色々な感情をつかさどる札が降ってきた!引っ張ってくしゃみをさせ、飛び出すガブラは腹を切って鉄球になった人々を救出。さらに魔法陣アタックで粉々に吹き飛ばされるガマーダであった。

 胃袋の札について「俺様の弱みを」とかガマーダが呻くのですが、そんな話は伏線も何もなく唐突に出てきたので、もうちょっとどうにかならなかったのか(^^;