読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダーX 23・24話感想

youtubeで配信された『仮面ライダーX』の感想。

23話

 あらゆる物質をエネルギーに変換できるRS装置の開発を急げと怒鳴るキングダーク。キングダークはそれを自分に搭載することで、無限のエネルギーを得て世界を破壊しようとたくらんでいた。

 「キングダークが暴れる日、その日こそ世界の滅ぶ日だ」

 確かGOD機関って「対立する大国家が手を組んで日本を壊滅させる」という組織で、世界規模の破壊は考えてなかったはずなんですが、テコ入れの結果設定が投げ捨てられたのか(^^;

 その研究者である南原博士。実は設計図はすでに完成しているのだが、これを渡せば確実に破壊工作に使われるだろうと見越して、出さずにいた。

 「GODが使えば悪魔の兵器。しかし、正しい人が使えば神の贈り物だ」

 ……実際のところ、確かに物質を種類問わずエネルギーに変えることができるなら、それこそ少量の物質で石油とかの化石燃料は眼じゃないほどのかなりのエネルギーを得られるわけですが、それは水素を空気中の酸素と反応させて……とかいう生易しいものじゃなくて核反応なのですが。

 確か『空想科学読本』シリーズで、1グラムの物質をすべてエネルギーに変えたらどれだけの熱量になるか(あるいは1グラムの物質を作るのにどれだけエネルギーがいるか)、というのが度々挙げられていたはずですが、思い出せません。

 脱出しようと助手から持ち掛けられるが、娘が人質のため動けない南原博士。その会話は盗聴されており、キングダークは設計図を探すためにガマゴエモンを呼び出す。

 石川五右衛門の脳が使われており、忍術が使えるとのことですが、ホント伊上勝さんは伊賀忍者大好きだなー(笑)

 監視されている南原博士の娘・リエは学校からの帰り道に敬介と会話するが、浮かない顔に怪しむ敬介。帰宅したリエは、GODの工作員から怪しまれないようにいつも通り生活しろと釘を刺されるが

 「もう怪しまれてるぜ」

 いつの間にか、部屋の中にいる敬介。

 堂々不法侵入と言うか、敬介の移動がもはやワープの領域なんですが、昭和初期ライダーは伊賀忍法を越える伊上忍法の使い手なので仕方ない。

 戦闘員と戦う敬介だが、隙を突いて侵入したガマゴエモンがリエを誘拐し、それを追う敬介。火を噴くガマゴエモンに変身するが、ガマ油によって打撃を無効化されて苦戦するXライダー。

 「ゴエモン投げ!」

 都合よく、車の前に着地(笑)

 リエとライダーに逃げられたガマゴエモンは助手の手を燃やし、人質として南原博士に迫る。博士は設計図を出すと言って小型の装置を突然取り出し、引き金を引く。

 はじけ飛び、消滅する基地のコンピュータ。

 「見たかね、実験用にひそかに作ったミニモデルのRS装置の威力を!

 問題は、コンピュータが何のエネルギーに変わったのかだと思いますが。

 部屋のスペースを大きくとる磁気テープを用いた当時のコンピュータということを考えると、明らかに数十キロは下らないと思うんですが、その全部が熱エネルギーになったとしたら、島型原爆やビキニ水爆の比じゃない爆発と放射線がまき散らされると思いますケド(^^;

 それとも熱じゃなくて、エクトプラズム的な変幻自在のエネルギーの塊になったとかなのでしょうか。空中での方向転換に引き続き、謎が深まる伊上物理学です(笑)

 ていうか描写を見る限り、RS装置はビームを当てることで無理矢理核分裂を起こさせる装置という風に見えるのですが、どうなんだその辺。

 少なくとも、天使の贈り物とするにはいささか過剰と言うか、天使が本当にいようものなら速攻で雷落として博士と装置と設計図を葬り去るレベル。

 助手が身を挺してガマゴエモンを食い止めたことにより逃げた博士は、設計図を分割して知人に送り届けることに。自宅に戻ると、そこには助手に化けたガマゴエモンが!RS装置を奪われた博士はやってきたXライダーに庇われるが、ガマゴエモンはRS装置をライダーに向ける。

 が、不発。博士は奪われることを考え、発火装置を壊していたのだ。

 使えないと分かった途端、ポイ捨てするガマゴエモン。いやあの、それを持って帰れば発火装置直すだけで使えるし、設計図無くても構造理解できるはず(それを理由に奪おうとした)なんですが(^^;

 Xライダーと一騎打ちになるガマゴエモンガマの油で打撃を回避し、火を噴いて攻撃。どう考えても自爆したいとしか思えませんが、案の定火炎を跳ね返されて火だるまになった挙句蹴り殺される。

 立花コーヒーショップで博士はリエと再会するが、GODの手先サソリジェロニモによって博士が殺害されてしまう。仲間に渡した設計図を守ってくれと頼み、こと切れる博士。娘の前で死をはっきり見せる流れになるとは、かなり強烈な結末を持ってきました。

 地球の平和的には、正解の道の気がしますが!

 地球の平和か、それとも滅亡か。地図を巡り、新たな戦いが幕を開ける!

 ……『変身忍者嵐』でも悪と正義で重要アイテム争奪戦という流れで一時期展開されましたが、これって話を作りやすいのでしょうか。『嵐』のは長くダラダラやっててだんだん飽きてきたので、あまりいい印象ないのですけど(^^;

24話

 南原博士の家を探ることで8人の場所を探ろうとするサソリジェロニモだが、そこにXライダー。用心深い博士は名簿を処分したのだった。

 手がかりがつかめないで困る敬介は、マコが父の墓参りに行って休んでいるという話から、南原博士の墓を見張って関係者を洗い出すことに。やってきた女性は南原博士の友人矢沢博士の娘で、それに目をつけたサソリジェロニモは僧に化けて迫るが、ライダーに阻止される。

 設計図は弟の正一が持っていると教えられる敬介だが、その会話が盗聴されており急いで正一のハイキング先へ。

 ハイキング中に狼煙を見る正一とその友人と引率の先生。先生「インディアンの狼煙に似ている」とか言いますが、インディアン見たことあるのか(^^;

 サソリジェロニモに襲われ設計図を渡しそうになる正一だが、Xライダーが阻止して逃げる手助けをする。Xライダーには銃弾が真正面から通用しないことは既に示されてますが、今度は飛んできた矢をつかんで投げ返すという新たなデタラメっぷりを見せます(笑)

 だが「正一といると殺される」と逃げ出した一人の少年と、それを探す先生が人質になり、やむなくXライダーは正一の設計図を渡すことに。しかしサソリジェロニモがそれで終わるはずもなく、ライダーの持つ一枚目も狙って襲い掛かる!

 激しい戦いの末、いつも通りジェロニモを爆殺。

 せ、設計図は?!

 と思っていたら無事だったようで、カブトムシルパンが持っていくことでGODにも一枚渡ることに。個人的に、設計図はそのまま燃え尽きた方が世のため人のためではないかと思うのですが、なりませんでした。残念(おい)