読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

今更だけど、アニメ『フォトカノ』語り

ちょっと前に

animeanime.jp

こんなニュースがあったので、思いついたことをだらだらと。

(ゲーム『フォトカノ』とそのアニメ版双方のネタバレがあるので、注意)

  記事にもある通り、アニメ『フォトカノ』でシリーズ構成と監督を務めた横山彰利さんが監督、というのを見てびっくりしました。

 古くからロボットアニメやバトル描写のある作品でコンテ・演出・原画を担当されてきた方なので、多分『ウルトラマン』のアニメの質は一定以上保障はできると思われます。たぶん。

 で、ふと思うアニメ『フォトカノ』について。

 原作はエンターブレイン(角川)が出した恋愛シミュレーションゲームで、当時『侵略!イカ娘』のアニメや『スマイルプリキュア!』によって金元寿子に浸かり始めていた私は早倉舞衣目当てで購入、色々(主にロード時間の長さやテンポの悪さ、細かい仕様の不備などに)不満を感じつつも全ヒロインを攻略するぐらいには遊びました。

 で、待望のアニメ化やVita版『kiss』の発売を経て現在に至るのですが……正直言って私、アニメ版に関しては記憶の闇の彼方に葬り去りたい程度には悪い印象を抱いてます(^^;

 当時、DVDにゲーム用DLC花水着という魅力的な特典がついていたのですが、それのために買うのはためらったぐらい(結局、ブルーレイBOXを購入しましたけど)。これ見るぐらいなら原作をやるかあるいはコミカライズの方読め、という感じです。

 当時からずっと不可解に思っているのが本作のシリーズ構成。

 ・1話から4話まで、各ヒロインのルートごちゃまぜ。脚本は全て横山さんが担当。

 ・5話から個別ルート。脚本は新見遙佳編前編を横山さんが、以降は林壮太郎さんと宍戸義孝さんとが交代しながら執筆。

 本当、今見返してもこの流れに全く意味が見えてこないです(^^;

 だって素直に最初から全部個別ルートにすれば、新見さん以外のヒロインについても2話の尺を割けるんですよ?!

 (話数の都合で隠しヒロインの深角友恵あたり、DVD等の特別編にされそうですが)

 それなら第1話から第4話までの内容がきっちり踏まえられているのかと言えば、第9話では主人公が写真部に入ったのが第1話以前の設定になったり、第11話では第4話で除去された蜂の巣が残っていたりと、何故かそういう尺を放棄してまで作った積み重ねを完全に放棄

 パラレルワールド設定は別にかまいませんが、これでは4話分も使って積み重ねた描写や内容は何のためにあったのか。

 あまりに酷かったので放映当時調べたら、横山さんが過去に脚本を担当された作品は湯浅政明監督の『カイバ』だけで、シリーズ構成の経験は一切なしなので、もう根本的にシナリオ・シリーズ構成の能力が未熟だったとしか思えません。

 (『カイバ』は放映リスト見る限り執筆エピソードは全て湯浅監督との連名および絵コンテ・演出のクレジットもされているので、シナリオ会議でアイディアが取りこまれたので脚本に並ぶことになったか、湯浅監督のプロットがしっかり固まっていて一部台詞の調整などにとどまっただけではないのか、と推測してます。未見だし、実際のそのエピソードの評価は知らないのであまり深く突っ込めませんが)

 なんでこの人にシリーズ構成やらせよう(おまけに全体の半分近く書かせよう)という企画が通ったのか(^^;

 後半、コンテや演出にしか横山さんの名前がクレジットされなくなり、後は全て脚本の執筆経験がある程度ある方ばかりなので、ひょっとしたら前半脚本家の都合がつかなくて間に合わせだった、とかなのか。

 それをさておいても、4話分の内容がこれまたひどいもので、主人公が(現実の日本の倫理や法から見て)明らかに異常な言動をとっている場面は非常に悪質に強調されています

 ブルーレイBOXの特典で「室戸亜岐の不正登校を目撃して邪悪な笑みを浮かべる主人公」のカットについて、監督/脚本の横山さんは「フィクションではありますが、アンモラルな行動、違法行為に関してはあえてマンガチックにMAXでやろうと決心したカット」と述べているので、意図的なものだと思いますが、何故それが面白いと思ったのか不思議でなりません。

 原作ゲームにおいても、主人公は似たような言動をとる場面が多々あるのですが、主人公には音声がない&主人公を客観的に見る場面がないため、その場面の主人公の心境や表情をどうとらえるかはプレイヤーに任せられます。

 一方、アニメ版は「どう見ても悪質なもの」という印象を固めるつもりで描いています。

 要するに、監督の答えが押しつけがましい上に、それによってアニメ版『フォトカノ』世界は完全に隔絶され、リアリティを感じられないものになっている。

 フィクションにおける「リアリティ」というのは必ずしも「現実通りの動き」じゃなくて、「その世界ではその倫理や行動が通用する」ということを視聴者(本なら読者、ゲームならプレイヤー)が納得できるか、という説得力の話なのです。

 例えば、『ブラック・ジャック』(手塚治虫)の医学的知識がデタラメという指摘に作者の手塚本人が「漫画の話だ」と返したのは有名ですが、そんな現実ではデタラメな知識が通用するのが『ブラック・ジャック』世界なのだ、ということです。

 ゲームでの主人公の言動は、本当は現実の倫理だとアウトなんだけど、そこにフォローを入れたり、被害に遭うヒロイン側が許したりまんざらでもなかったり、もっとアウトなのが野放しだったりと、「主人公ばかりが異常なんじゃない、というか周囲はもっと異常」という世界が見えているので、これはその世界ではそういうものなんだ、とある程度受け入れられるんですよ(個人差があります)。

 が、アニメ版の前田一也はそうじゃなくて、「このフィクション世界は異常かもしれないけど、そんなの関係なくこいつはとんでもなく異常で悪質です」と意図して描いているので、受け入れにくい。

 描いている側が「こいつは偽物だよ」と思っているのに、どうして見ている側が本物だと思えるのか。

 感情移入ができない、を通り越して本当に別次元の生物(なのか?)を見ている感覚になるので、理解はできないし、面白くなるはずもありません。第一、「人間」と交流する恋愛シミュレーションゲームが原作なんですよ、このアニメ。

 そんなわけで、世界全体の説得力も主人公の言動の説得力も感じられず、どこまでも画面の上をうごめく微生物を観察しているような気分になって、ただ虚しいだけのアニメ、という印象でした。

 それを意図的に行うアニメもあるのでしょうが、少なくとも『フォトカノ』のアニメに私はそんな要素を微塵も期待していなかった。

 で、そういうリアリティや感情移入という話で、原作の『フォトカノ』にも個人的に思うイベントが一つ。

 柚ノ木梨奈ストーリーL(フォト部)の恋愛レベル6前半ストーリーイベントです。

 道路を挟んだ向こうから柚ノ木さんが主人公に向かって手を振っていたところ、そのすぐ近くにトラックが突っ込んで来て、すぐに柚ノ木さんの下へ駆け寄る主人公。

 表示される「シャッターチャンスだ!」と「撮ってる場合じゃない」の選択肢。

 私、即座に「撮ってる場合じゃない」を選びましたが、再び同一の選択肢。

 2回同じ選択をしてもまた同一の選択肢が出てきたので、「これはシャッターチャンスを選ばないと終わらない流れなのか」と思い選ぶと、主人公が地面にカメラを叩き付けてレンズを破壊という流れに。

 何が起こったのかさっぱりわからず、呆然とする私(^^;

 PSP版ではこのイベントをもう一度見るつもりにならなかったのでそれっきりで、カメラ壊すのが正式ルートだと思っていたのですが、Vita版で再びこのイベントをやった時にしつこく「撮ってる場合じゃない」を選んだ結果、カメラを壊さずイベントが進行しました。まあ、壊しても予備レンズを装着することになり、柚ノ木さんからの励ましもあって何の異常もなかったかのように話が進むのですが。

 ビジュアルワークスで「カメラを題材にするなら絶対入れなければならない」として、賛否は分かれることを承知の上で入れたイベントだと書かれていましたが、しかしこのイベント、柚ノ木梨奈のストーリー(それも攻略最終段階)でやる意味がまず感じられないよなーという引っ掛かりに加え、自分の選んだ選択肢と無関係に勝手に悩んで動き出す主人公の姿にどうしてもそれまでに無かった壁を感じてしまい、ただ後味の悪さを感じるイベントになってしまいました。

 こういうイベントで主人公の選択をプレイヤーに選ばせるのって、意地が悪いし、ゲームでやるには主人公とプレイヤーの距離が近すぎて向いてないネタだったと思います。

 で、そういう点で考えると、主人公の言動に視聴者が介入できないアニメこそ、こういう話を展開するのに都合のいい媒体であり、ゲームで表現できない部分を補えたんじゃないか。

 他媒体の原作付アニメで、原作のテイストを再現しようとする意気込みそのものは評価したいのですが、違う媒体だからできるアプローチがもっと欲しい。

 その点、舞衣ちゃんのグルメリポートに付き合って太る前田一也のお腹をさするシーンとか、確かにゲームではできない表現だったかもしれませんが(^^;

 

 アニメ版をボロクソに貶してますが、特典の花水着は素敵ですよ。

 AmazonでBOX値下がりしていたので15000円ほどで買えましたが、それが釣り合うかどうかはともかく、素敵ですよ。私がこれまでに行ったゲーム課金で最も高額です。

 一押しは紅林かつみの紅薔薇ヴィーナス。

 トゲ付きバラの蔓が乳房からお尻の割れ目からあちこち絡みつく非常に変態度高い衣装です!(笑)

 デザイン設計した人が変態なのは間違いないですが、それを何の疑問も持たず着こなすかつみさんもドスケベなことに疑いの余地なし。

 ていうか私、かつみさんは実際結構なスケベだと思います。フォト部に誘うときに女子部員ばかりなのをネタにしたり、写真部の九堂部長はご褒美に純粋にカメラ機能を拡張してくれる(多分、九堂部長は撮影する写真がエロ方面偏ってるだけで、良くも悪くも芸術家肌なのでそういう環境や道具の配慮は人一倍厳しそうだから納得ですが)のに、かつみさんは女の子との会話を引っ張ったり恥ずかしがらせない術ばかり教えてきますし。

 花水着とかそういうテクニックとか、憧れの先輩の趣味や技術でないことを祈りたい(笑)

 えー、ぐだぐだ脱線してきたのでこの辺で。