ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超神ビビューン 5・6話感想

youtubeで配信された『超神ビビューン』の感想。

5話

 三太とともに山に登りに来た圭は、シンドとビリンに会う。ここには妖怪コダマがいると聞いた圭は、山の中で遭遇した少年探検隊に注意して帰るよう促すが、リーダーの少女は聞き入れない。

 この少女のような「弱虫が嫌いと言い張る勝気な女の子」って前作『アクマイザー3』でも何度も登場したのですが、今回の脚本は『アクマイザー』のメインライターである長坂さん。何かこういうタイプの女子について思うところがあったりするのでしょうか。

 「本当の勇気は怖いことを素直に怖いと言えることだ」「ヤマビコに返事してはいけない」と述べる圭の言葉を聞き入れず、返事をしてしまった探検隊は少女を残して樹に吸い込まれてしまう。ちょうど10万人の命を吸い込んだことでその樹は自立歩行可能な妖怪コダマーンへと変異し、少女を食らおうと襲うがビビューンが阻止。

 ビビューンもまた吸い込まれるが、体内からスカイ剣でガリガリ削って脱出後、炭焼き窯を召喚。……うん、確かにザビタンのやりそうなことだ(笑)

 炭焼き窯にコダマーンから作った薪を放り込んで、

 「せめて炭となって、人々の役に立つがいい」

 とのたまうビビューンが、エグすぎます。

 というか、吸い込まれた少年たちの命は、どうでもいいのか(^^;

 逃げた少女と三太はダルニアの生まれ変わり、じゃなかったリサが対応しており、ビビューンが救出。しかしコダマーンは自力で炭焼き窯から脱出し、再生していた。

 帰還した圭たちに、コダマーンがあの程度でやられるとは思えないというダイマ博士に、危険と唸り続けるベニシャーク。

 「お前大体、抜けたところあるからな」

 みなさん、体育会系ですから。

 しかし、仮にも知恵担当の圭がこの扱いって……。

 そのころ助けた少女・レイコの家にやってくるコダマーンは、オレオレ詐欺を敢行して襲い掛かる。

 70年代にこの「俺だよ、俺」があったのか(笑)

 シンドとビリンによって三太たちの危機を知る超神たちはコダマーンに立ち向かう。コダマーンの戦術がBパートに入ってから、根っこを広げて拘束はまだいいとして、妖鬼に投げさせた槍で火の海にさせるとか(バシャーンの見せ場のためでしょうが強引過ぎ)、突然嵐と雷を呼び起こすとか、統一性がなさ過ぎてちょっと……(^^;

 それを回避するために地面に穴開けてマンホールのふたをするビビューンは、すごくザビタンっぽいけど!(笑)

 火の玉アタックで撃破後、コダマーンは仏像に作り変えられ、ズシーンに投げ捨てられるという、これまたえげつないというかなんというか強烈な最期を迎え、子供たちは何の説明もなく全員復活でめでたし、となりました。

6話

 都内に広まる神隠しのウワサ、館に誘われるように入っていく女性が鏡の中の女性に誘われ吸い込まれる、と開幕からホラーの雰囲気。

 その誘われる女性・アキオを追って館に入る圭とリサは、間一髪で救出。

 「怪しいのはこの鏡だな!」

 いきなり鏡を叩き割る知恵担当。

 体育会系だから仕方がない。

 しかしダイマ博士が分析しても普通の鏡。そしてシンドとビリンにより、事件は鏡の妖怪カガミラーによるものと知る圭たち。

 一方、剛はアクセサリーショップの女性に一目ぼれしてしまい、告白しようと店に向かうも言い出せず、手鏡を買っていた。

 意外とナイーヴだ、剛……。

 ちょっと老け顔……ゴホン、大人の女性のセクシーな雰囲気漂う女性の姿に、剛の好みが垣間見えるところか(笑)

 しかし、そのアクセサリーショップで買い物をしてからおかしくなったとアキオの証言を聞く圭。そんなことは知らないままに手鏡をリサに渡した剛と一郎は、さらにアクセサリーショップの女性を追うとあの館に。彼女こそカガミラーの正体で、鏡に自らを映す美少女の魂を吸い取っていたのだ!

 カガミラーの造形、前面は平坦な鏡張りで、他は髪の毛とベールをかぶるだけであとは目と口に穴があったりなかったり。非常に簡素で予算不足ということなのでしょうが、こういう体の部位を想わせるパーツを全く張り付けない無機質な雰囲気は、個人的に怖くて苦手な部類です(^^;

 超神が立ち向かうも逃げられてしまい、その一方で剛の買った手鏡を見たリサもまたカガミラーに誘われ、捕まってしまう。あの手鏡を見た者が誘われるのだと知り、今度はアキオの承諾を得て彼女を囮に探すことに。

 カガミラーと対決する超神。今度はカガミラーの光を操る能力が鏡とマッチし、炎を出す展開(バシャーンの見せ場)もそれほど違和感なく収まりました。

 にしても、コンクリートで壁を出したりする万能っぷり、本当にザビタンの後継者なんだなビビューン(笑)

 金縛り光線を放とうとするカガミラーに、鏡を作って跳ね返して動きを止めるビビューン。その隙を突いてカガミラーを叩き割って内部に侵入し、リサ含む中の女性を救出。

 えー、「知恵」担当であり、実際スカイ剣による万能アイテム精製術で様々な戦略を練るビビューンなのですが、こういう肝心なところは何故に毎度力技なのでしょうか(^^;

 「力」担当のズシーンにも見せ場を上げてやってくださいよ! 言及されないけど、今回多分一番傷ついてるのズシーンさんなんだから!!

 火の玉アタックで倒されたカガミラーの破片はミラーボールになり、宇宙の果てまで飛んでお星さまに。

 毎回、こういう処理の方法考えていくのに、どんなアイディアが飛び出すのかはちょっと楽しみかもしれない(笑)