読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダーX 29・30話感想

特撮感想 Xライダー

youtubeで配信された『仮面ライダーX』の感想。

29話

 ナレーションに「恐怖の」と言われるRS装置

 やっぱり悪魔の発明では……。

 海外から戻ってきたバレリーナ・菊池明子を調べる敬介と、それをかぎつけ明子を狙うGOD悪人軍団カメレオンファントマ。カメレオンファントマを撃退した敬介、病院に運び込まれた明子から話を聞くと、科学者からペンダントをプレゼントされたという。そのペンダントは藤兵衛に入れ替わっていたカメレオンファントマが強奪するも、中に入っていた設計図は藤兵衛が既に抜き取っていた。

 持って帰ったと思ったら実は偽物でキングダークのお叱り、というパターンは前にも見たのですが、それはそれとして、

 何さらっと一般人を巻き込んでいるんだ科学者。

 以前にも見ず知らずの少年の背中に設計図焼いた人とかいたし、南原博士の交友関係の科学者に、まともな人はおらんのか(^^;

 明子のバレエ公演を見に行く藤兵衛たちだが、今度は明子が誘拐され、Xライダーは設計図と明子を交換し、改めて力づくで奪うことに。

 カメレオンファントマがXライダーに変身して戦うことで定番のにせライダーになるのですが、別に変ったからと言って特別Xライダーっぽい動きになるわけでもない(例えば新生Xが使わないライドル使うとか)し、その見た目を何かに生かすわけでもなく、全く意味のないただの見せかけだけの偽物対決になってしまいました。

 にせXライダー登場時の会話、

 「おれがXライダーだ!」

 「おれがXライダーだ!」

 の、何とも言えない頭の悪さがまさにそれを象徴しています(^^;

 真空地獄車で吹きとばされるカメレオンファントム。バレエの公演が始まる中で設計図は取り戻されたことがナレーションによって説明されるなど、最後まで強引な一話。

 あと、いつの間にか敬介の髪にパーマがかかって、なんかウエスタンなベスト姿になってるのですが、これは先週の風見志郎先輩の影響なのか。

30話

 また洗脳奴隷作戦?!

 ……と思ったら、違いました。

 血吸いヒルを操るヒルドラキュラは、これに血を吸われた人々が血を求めてさまようようになる性質を利用してチコの入院する病院を混乱させる。敬介にRS装置設計図を渡すよう要求し、それに応じた敬介は死人沼に叩き落とされてしまう。だが設計図は一定時間で消えるインクで書かれていた! そして、チコを助けに入った藤兵衛は洗脳されている人々が塩で治ったことから、敬介にヒルドラキュラの弱点は塩と伝えに行く。

 設計図のインク関連と塩の置き場所の都合のよさ、いきなり入院している設定のチコ、ライダー撃破報告を先にして他のシーンを挟んでから設計図関連の説明をするヒルドラキュラとキングダークのシーンの分け方、沼に沈んでいた敬介が藤兵衛と会った描写も何もないのに塩を受け取っていて対策建てているなど、筋立てがあんまりにもぐっちゃぐちゃ(^^;

 そして何故か、真空地獄車が空中で何度も回転する技に変わった。