ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超神ビビューン 9・10話感想

youtubeで配信された『超神ビビューン』の感想。

9話

 超神の存在って意外と秘密じゃないっぽいのですが(まあ結構人前で平然と変身してるし)、三太が連れてきた友人・野々村マリに超神のことを普段から自慢しているというのにはちょっと驚き。

 と思ったら、野々村家の父は妖怪博士で、ダイマ博士の友人と言う新たな変態だった。

 しかしながら優れた妖怪学の大家で、人間を溶かしてしまう妖怪マツボを土に戻して封印したという結構な勇者だった模様。凄いぞ野々村博士。

 それはそれとして、マリちゃんは人間形態でもオリンピックレベルの体育選手三名を一目見て

 「たいしたことないみたい」

 と言い放った挙句、やりたいことが超神と毬つきやお手玉勝負って言うの、どうなんだ(笑)

 逃げた圭と一郎、取り残された剛が毬で勝負することになるも、実は毬つきが苦手だった。

 どうも剛は知恵が回りにくいのではなく、敏捷性に欠けるのが問題ではないか(笑)

 野々村博士はマツボの封印場所を確認に向かうが、なんとそこの土が陶芸家に持っていかれ、壺にされる。

 封印された土から壺にされて復活とは、妖怪の復活方法としてはすごい斬新。

 復活のマツボ、呼びかけに答える人々を捕らえていき、野々村博士を狙う。三太とマリも狙われるが、ズシーンが阻止。しかしズシーンも呼びかけに答え、吸い込まれてしまった!

 マツボは野々村博士を狙うと聞き、博士に扮装した圭が博士の家へ。野々村博士への呼びかけに圭が答えても吸い込まれず、ビビューンとなった圭とバシャーンがマツボに立ち向かう。

 マツボの頭からさらに二つの壺と腕が出てきて人間型の二足歩行になり、それがさらに分離して襲い掛かるのは面白いのですが、マツボの能力を逆に利用するとしてビビューンがマツボの分離部分に呼びかけると答えた分離部分が吸い込まれる、というのは強引。さらに吸い込まれた部分をズシーンが破壊後、それまで全く歯が立たなかったマツボを何の説明もなく内側から砕くなど、肝心なところが雑。

 そして砕かれて土になったマツボは、超人たちの引き起こす嵐で吹き飛ばされる。

 それって、解決になってるんだろうか(^^;

10話

 露店(天本英世!)にて幸運のバッグを購入した女性・アケミだが、実はそのバッグの正体は精気を吸い取る妖怪バッグダードだった!

 妖怪を探すためにダイマ博士が探知機を使っているのですが、その信憑性が怪しいのは博士の理論が狂ってるとかよりも、レーダー用の方位を書いた部分があまりに適当すぎるからでは(笑)

 その反応を追ってアケミのアパートに正面から侵入する一郎だが、アケミの悲鳴の原因がシンドとビリンだと勘違いし、そのまま立ち去る。

 よりによって、素の知能が一番劣る一郎なのが問題だった(^^;

 剛だったら確実に疑ってかかってます!(笑)

 ちなみに現状、私の中で超神の知能レベルの順位は、人間態だと剛>>>圭>>>>>一郎、変身後はビビューン>ズシーン>>>>>バシャーン、ぐらいのイメージ。

 それでもなお博士の装置が反応しているアケミを追う一郎だが、アケミが友人にバッグを渡そうとしたところで本性を現すバッグダード。アケミたちはバシャーンによって逃がされ、またバッグダードはベニシャークの要請でやってきたビビューンに腕を切り落とされ逃走。

 人間態に姿を変えたバッグダードはリサに拾われ、ダイマ研究所にて三太とリサに手当てされる。一方、ダイマ博士の装置は研究所内で妖怪反応を示しており、本当に狂ったのではないかと落ち込んでいた。

 孫が誰を連れてきてるのかぐらい、確認しとこうよ!

 リサはバッグダードに操られ、三太を襲うが、その時ベッドの下からズシーン登場。

 しかしリサ相手に本気を出せず、手間取っている間に外に逃げたバッグダードをビビューンとバシャーンが撃破。

 前回に引き続き、ズシーンを活躍の場(メイン戦闘)から度々外しているの、多分ズシーンが力担当であることからあまり知恵を繰り出さないようにおっちょこちょいの一面を強めようとする意図だと思うんですが、ズシーン本人の過失じゃない理由で外されるので、いまいちズシーンがマヌケという印象になりません。

 洗脳が解けたリサにおびえて逃げようとするズシーンは面白かったですが。

 そして、バッグダードはなめし革にされて、世界中を永遠に飛び回るという決着。

 前回に続き、後から拾われて厄介な事情を引き起こしそうなんですが、いいのか。