読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

手裏剣戦隊32話感想

特撮感想 ニンニンジャー

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の感想。

  前回、カラクリキュウビによってオトモ忍は敗北し、ライオンハオーもまた動かなくなってしまう。そんなニンニンジャーに迫る窮地を救うのは好天! しかし強くなった九衛門と老いた好天では分が悪く、好天は光を発してニンニンジャーと逃走。

 鉄之助によるとライオンハオーの修復は最低二週間かかるとのこと。ではどうすれば、と考えた霞は自分たちでオトモ忍を作ればいいのではないかと提案。鉄之助の支援を受けてオトモ忍を作るが、魂を吹き込めない。

 オトモ忍はどうやって作るのか、がずっと秘密にされてましたが、どうやらカラクリに命を吹き込むことで完成する、というもののよう。

 ……見る限り、からくりではなくて石を削った彫刻なのですが(^^;

 だが命を吹き込めず失敗、好天ならどうするのか考えるニンニンジャー。

 なおロデオマルは「魂がセットでついていた」とのこと。

 ……こういう頭おかしい情報を、なんでさらっと流しちゃうかなあ、本当に(^^;

 しかし天晴は、好天のやり方で作られたオトモ忍が負けたのに、それと同じ方法で作ったとして勝てるというのか? と疑問を提示。そして生きていたムジナの出現に応じて、一人飛び出し、それを追いかける凪とキンジ。

 前回、ムジナは以前別の主に仕えていたのが示されたのにそこに何も説明なし? っていうのが引っかかっていたのですが、牙鬼サイドの描写でもともと牙鬼配下の御庭番忍者だったものを、九衛門が目的のために捨て駒にしていたのだと示され、安心しました。

 天晴語を「俺たちには俺たちのやりかたがある!」と通訳した鉄之助の言葉を受けて飛び出してきた他メンバーの加勢で、ムジナ撃破。しかし巨大化したムジナの前にオトモ忍なしでどうするのか?

 「飛び込む? それだ!」

 ひらめきにより、前回凪が使った上級手裏剣忍法で彫刻に飛び込む天晴。

 俺自身が、オトモ忍となることだ!!

 しかしまさか、この上級忍法が伏線になるとは全く予想してなかったので、見事に「やられた!」と思いました(笑)

 全員同様の方法で飛び込むことでオトモ忍に。

 ホウオウ・セイリュウ・ゲンブ・キリンと中華モチーフのオトモ忍はいいですが

 パンダ(霞)と、マゴイ(キンジ)

 この節操なし感というか、余りものを適当にくっつけた感(^^;

 そして驚異の6体合体、ゲキアツダイオー!

 基本戦法がカンフー……もう忍者とはいったい(笑)

 ガシャドクロを倒すゲキアツダイオーに、後ろから刺されて爆散するムジナ。その背後から現れる九衛門は、今のうちにゲキアツダイオーを倒すと宣言し向かってくる。

 かつて自らが犯した過ち、それはライオンハオーの気持ちを汲み取れなかったことと九衛門を誤った忍びの道に進めてしまったこと、だが今の孫たちはそれに囚われず己の目指すラストニンジャに進んでいるから、いずれお前を凌駕する! と戦いを眺めながら述べる好天。

 やっぱりニチアサ全体で「夢」テーマを進めていくつもりなのかなあ、と『プリンセスプリキュア』の方も見ながら思うのですが、にしてもここ数回のじいちゃんが本気で過ちをすんなり認めてしまって、どんどん丸く丸く。

 そしてゲキアツダイオー最後の必殺技が、胸の砲台に全員が移動して人間砲弾。

 天晴の「最後まで飛び込むぞ!」に一同がツッコミ入れつつも、必殺技名を叫んで飛んでいく絵面は、すごい面白かった(笑)

 カラクリキュウビを倒したニンニンジャーだが、九衛門が倒れたかはさだかでなく、勝ってヘルメットの油断大敵! で次の戦いへの決意を固めるのであった!

 新展開にみせかけてあっさり新ロボの錆びにされた九衛門ですが、今週で確実に御家老からも咎められていたし、明日はどっちだ。

 次回、八雲を愛した忍者。

 ……予告が頭おかしくて、面白そうだぞ(笑)