ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダーアマゾン 3・4話感想

youtubeで配信された『仮面ライダーアマゾン』の感想。

3話

 今回から十面鬼の顔が全て赤に塗られましたが、何か苦情でもあったのか。

 立花藤兵衛、登場。本作ではどうやらコーヒーショップをつぶした……もとい、オートレーサーに戻ったらしく、レース中にカマキリ獣人に襲われてアマゾンが助ける、という流れで遭遇。

 高坂博士と面識があったそうですが……まさか、恐怖のRS装置とかの関係で?

 まさひこ少年がアマゾンを慕う理由に「亡くなった父を重ねている」というのが追加され、肩身の服をアマゾンに着せてやろうとするが、腕輪が邪魔でうまくいかず。

 戦いがある限り、まさひこの父にはなれないという暗喩、というのは深読みしすぎかもしれませんが、わざわざ腕輪が邪魔なことに触れるのでちょっと意味深。

 そして、獣人に襲われた人の悲鳴を聞いて駆けつけるも、一足遅くこと切れた一般人の死体を前に佇むアマゾン。それを見た他の釣り人達、積極的にアマゾンを殴りに行く。

 まあなんというか、恐るべし70年代。

 この世界においてもアグレッシブ確信犯な市民によって、アマゾンは「バカヤロウ」という言葉を修得しました。

 「人殺し」は覚えないのか。

 日本語を発せないがために理解してもらえない悔しさをぶつけ、暴れるアマゾン。その思いを理解した藤兵衛は、アマゾンを一人前の仮面ライダーにするべく、まずバイクに乗る特訓を行う。

 免許を確実に持ってない、言葉もろくに通じない(その割に「乗る」の活用で「乗らない」となるのはわかるらしい)青年にいきなりバイクってどうなんだと思いますが、変なところでまた夢と趣味を押し付ける気かおやっさん。

 まあメタ的には、無ければライダーにならないのでとにかくバイク。

 バイクの騒音と勢いを嫌うアマゾンはバイクを海に投げ捨ててしまうが、諦めない藤兵衛は自ら載ってアマゾンの足より速いことを証明。

 そのままアマゾンを挑発するおやっさん、海に転落(笑)

 わき見運転ダメ、絶対。

 服を乾かすため裸になった藤兵衛とアマゾンは笑い合うが、そこでまさひこがゲドンに誘拐され、自らバイクに乗って助けに行くアマゾン。

 ナレーションの説明もあり「嫌っていた文明をまさひこのために克服するアマゾン」の成長とかっこよさを見せるシーンだと理解はできるのですが、何分まさひこの誘拐も、身をすくめながら見ただけでバイクの操縦を覚えるアマゾンも、諸々が唐突で強引。

 むしろナレーションがなかったら本当に意味不明な展開、というのが正しいか。

 そしてカマキリ獣人を倒すアマゾン。取っ組み合いとちょこちょこと爪攻撃を浴びせると、獣人が吹き出した殺人泡を自分の身に浴びて死亡、という地味な幕引き。やっぱり必殺技がないのは寂しいかなあ。

4話

 アマゾンは考えていた。何故ゲドンは自分を狙うのか。それを聞いたまさひこは、高坂博士の交友関係を調べた結果、山村という男の存在を知る。山村はゲドンの秘密を知る存在として、命を狙われていた。

 まさひことの交流や藤兵衛登場が大きいのか、前回と比べて急に口数が増えるアマゾン。

 いつまでも唸り声とちょっとした言葉だけでは話に絡めにくいというのもあるのでしょうが、口数の増え方が急すぎてちょっとびっくり。

 山村はあるホテルに娘と逃げていたが、そこに現れるゲドン。藤兵衛とまさひこが止めに入り、アマゾンも救援に。

 さらっとホテルの40階に窓から入るアマゾン。

 前回もバイクを持ち上げ投げ捨てて……とやっていたのですが、野生児ゆえのパワープレイがすさまじいです。というか、変身しなくても十分強い。

 山村親子は助け出すも、ゲドンの秘密をしゃべったら殺されると、怯える山村はアマゾンたちを追い返す。

 「ゲドン……憎い!」

 アマゾンが、アマゾンがドンドン憎悪の言葉を覚えていくよ?!

 なんだか、この国に来てから短期間の間に世界の悪意に触れすぎているのではないか(^^;

 自宅に隠し通路を用意するなど、東映の科学者の例にもれず確実にまともじゃない山村はゲドンの獣人大ムカデに捕まり拉致されるが、それを追うアマゾンに藤兵衛が専用バイク・ジャングラーを与える。

 ここまで藤兵衛を認めてこなかったまさひこが、ジャングラー開発で初めて藤兵衛を尊敬するシーンはいいところですが、ジャングラーの図面は「高坂博士がアマゾンから持って帰ってきた」というのが気になります。

 アマゾンの奥地にはいったい何があるのか(^^;

 大ムカデを倒すアマゾンだが、山村はゲドンによって殺害されてしまう。こと切れる前に残した言葉で、アマゾンは腕輪のことと十面鬼を知る……。

 藤兵衛登場編という雰囲気の2本でしたが、両エピソードともアマゾン周辺の謎や成長にスポットを当てた結果、肝心の仮面ライダーの活躍と怪人の印象がとても薄いのが難点。