ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超力戦隊オーレンジャー37話感想

ニコニコ動画で配信された『超力戦隊オーレンジャー』の感想。

 裕司とオーレンジャーに憧れる少年・悟は、裕司から彼とのツーショット写真とオーブロッカーの写真をもらう。

 ……それは、機密漏洩では。

 悟は不良少年によってその写真を破られてしまうが、池から浮かんできた鍵を振ってきた面に差し込むと、巨大なロボット? が出現! 願いをかなえるというそのロボット・ガンマジンは、悟の願いに応じて少年たちを成敗するのであった。

 力技で叩き潰す……まではさすがにやりませんでしたが、つまみあげて木の上に放置した上、息を吹きかけて揺らすとか、なんて陰険な報復だ(^^;

 悟は願い事をかなえてくれるガンマジンに、今度はオーブロッカーに乗せてほしいという。一方、リキからガンマジンの詳細を聞いたオーレンジャーは、バラノイアに利用されては危険だとガンマジン捜索に乗り出しており、遭遇するも圧倒的な力に太刀打ちできず。そして裕司がガンマジンに拉致されてしまう。

 さらに、バラノイア……ボンバー・ザ・グレートもまたガンマジンのことを知り、メンバーの欠けたオーレンジャー撃破と合わせて行動開始。バラポリスを使って警察を操り、オーレンジャーを襲う……と、作戦をオーレンジャーに向けてペラペラ説明するも、それ自体は話の本筋と関係なく、どうでもいい(^^;

 あっさり巨大化したバラポリスに、ブロッカーロボが欠けているためオーブロッカーになれず、ピンチに。

 あー、うん、あのですね、キングピラミッダーを出そうよリキ?!

 今週、ガンマジンの詳細を説明するだけで全く動いてないのですが、どうしてリキの扱いはこんな雑でいい加減なのか(^^;

 そのころ、オーブロッカーの場所を吐かせるため裕司を監禁したガンマジンは尋問。

 「悟殿はどうしてもオーブロッカーのコクピットに乗りたいとおっしゃっておる。小さな子供の夢をかなえさせてやってもよいではござらんか

 脚本の杉村升は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』にて、ランプの精のドーラモンスターが子供の欲望を掻き立てる……というプロットに対して「子供の夢を壊すな」と激怒して書き直した、という逸話が白倉伸一郎によって語られていますが、この手の「願いをかなえる超常的存在」について、杉村さんは何か思うところがあるのでしょうか。

 ガンマジンを悟は非難するも、ガンマジンは聞き入れず。さらに願いを一度聴いたら達成するまで終了できない、願いを一度に二つ以上は受けられないなど、めんどくさい仕様が発覚。

 ……夢を守っているのだろうか、これ(^^;

 そこにボンバー・ザ・グレートがやってきたことで、騒動に紛れて裕司は脱出。ブルーブロッカーを出動させてオーブロッカーに合体するが、なんとガンマジンは今こそ好機と言わんばかりに巨大化、オーブロッカーを奪おうとしてきた! 予想だにしない展開に更なる苦戦を強いられるオーブロッカー、その時ボンバー・ザ・グレートが悟から鍵を奪う、で続く。

 うーん……ガンマジンって明らかに作品のパワーバランスを崩しかねないトンデモ要素なのですが、それに対して上手く物語の歯車がかみ合ってくれません。何から何まで唐突な登場ですし、期待のできる先の読め無さではなくて、まとまらず崩壊する不安が濃くなっていくばかりです(^^;