読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第40話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

  開幕の反省会にて、バビロスを直接攻撃するべきだという結論に達したフーマは、アニーに不思議獣テロテロの卵入りぬいぐるみを渡してバビロス号に侵入させる。バビロスで孵化したテロテロはレーザーエネルギーを吸収する特性で成長、プラズマブルーエネルギー炉を破壊してしまう。一方の沢村大も、フーマの狂言強盗事件に引っかかり閉じ込められてしまうという絶体絶命。

 『シャリバン』でもあった本拠地乗っ取りプロットの流用回なのですが、真っ先に焼結を封じるというフーマの作戦が意外と有効に機能していて、珍しい(笑)

 敗因、アニーを何故か殺さずいやらしい目で眺めてたことによるのですが!

 気絶したアニーを椅子にしっかり座らせて眺める展開は、一体何をしたくて入れたのだろう(^^;

 予備のエネルギー炉を展開することでシャイダーは焼結成功、バビロスに救援に向かう。今回、不思議時空がない代わりにバビロス内部での戦闘を外の窓から見るカットやバビロスの上で戦うシーンなど、いつもと違う趣向の戦闘シーンが見られたのは良かったところ。

 次回……え、バビロスまた狙われるの?