ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第41話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

  バード星市長の娘ビビアンがシャイダー取材のため飛び出したと大たちの下に連絡が入る。そのころビビアンは、不思議宮殿に不時着していた。

 これは好都合と神官ポーは、ビビアンをシャイダーの下に潜り込ませ、ハニートラップで分断し、バビロス号をその間に破壊する作戦を考案。

 「あの子はなかなかチャーミング、きっとシャイダーとアニーの間に波紋を巻き起こすぞ」

 クビライ様の口から「チャーミング」という言葉が飛び出すとは思いませんでした(笑)

 不思議獣ペアペアによってシャイダーを好きになったビビアンは洗脳装置を取りつけられ、爆弾を持たされる。そして街中でフーマに襲われる姿を演出することで、バビロスにかくまわれるのであった。

 作戦通り大になれなれしく接し、不満そうなアニー。そこにフーマの超短波反応をキャッチ、大はアニーとビビアンを無理矢理押しとどめて外に。

 って、こういう分断ならハニートラップいらなかったのでは(^^;

 (まるでバード星で恋愛関係にあったみたいじゃないか。アニーには変な目で見られるし)

 今回のエピソードで判明したのは、沢村大は自分に向けられる好意が理解できないのではなく、理解できるけど投げ捨てているというちょっとひどい話。宇宙刑事の使命優先だからかもしれないけど。

 その後、洗脳装置で操られ時限爆弾を仕掛けるビビアンだが、先週の今週で二度もバビロスを危機に陥らせるアニーではなかった!

 まあ、時限爆弾の解除が普通にスイッチ押すだけなので盛り上がりも何もないですが(^^;

 ペアペアが倒され、洗脳が解けたビビアンは普通にシャイダーのことが好きになってしまい、ここにアニーとビビアンの争いの火種を残すことになって、フーマの作戦、1/3だけ成功。

 大の運命や如何に。

 次回、また学校ネタか。