ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超力戦隊オーレンジャー40話感想

ニコニコ動画で配信された『超力戦隊オーレンジャー』の感想。

  宇宙をさまよい皇帝の首を発見したヒステリアは、バッカスフンドの言葉でブルドントの頭脳が無事だと知り、復活に力を尽くすことに。

 一方、地球ではピンチのオーレンジャーにキングレンジャーが加勢するも、招き犬の中身であるマシン獣バラゴールドに苦戦、さらにアチャの提案によりボンバー・ザ・グレートは金に変えた人々を溶かして宮殿の材料にするという計画に移行する!

 前回、「普通に人間を金に変えていけばいい」とツッコんだ私ですが、本当にそういう作戦に出てきて、安心していいのやら良くないのやら(笑)

 金にされた人々は運び出され、溶鉱炉に放り込まれそうになる。昌平も手足を金にされ、意識のあるまま溶鉱炉に。正一少年はその様子をただ眺めているだけだったが、マンホールから突如現れた石の面!

 「ガンマガンマドンドコガンマと唱えて、鍵を入れてください」

 自分から頼むな(^^;

 なんか、ガンマジンは「子供の夢をかなえる存在」ではなく「自分のやりたいことを実現してくれそうな子供をダシにしようとしている」みたいに見えてきました。基本的な行動原理は「楽しいかそうでないか」ですし。

 正一に鍵を使ってもらうガンマジンはその願いである「金にされた人を助ける」を実現するべく、工場を破壊。ほぼ同時にレッドパンチャーを呼んだオーレッドとキングレンジャーの連携により、バラゴールドの眼が破壊されて金にされた者が元に戻った。

 昌平は変身し、隊長の指示でオーレンジャーロボ出動。

 ……いやまあ確かにレッドパンチャーとキングピラミッダーがいるなら、最強火力はバトルフォーメーションだと思われるのですが、何も無理に呼び出さんでもオーブロッカーでいいような。

 オーレンジャーロボとの戦闘中に街中に立たされたままの各ブロッカーが哀愁漂います。

 キングピラミッダーにより破壊されたバラゴールド。残されたボンバー・ザ・グレートを倒してほしいという正一の願いを聞き、ガンマジンとオーレンジャーがボンバー・ザ・グレートを追い詰める!

 願いを二つ聞いているガンマジンですが、さすがに最初の願いは正一の本心と言うより居ても立っても居られないガンマジンが正一を利用して暴れたような感じになってしまったので、こっちをかなえて初めて達成なのでしょうか。

 ロボットで壁を作って行き止まりにし、7人で追い詰めるヒーロー集団。

 改めて並べると、本当巨大ロボット多いよな、本作(笑)

 だがそこに謎の火の玉飛来。火の玉は弓を持つ女性型ロボットとなり、オーレンジャーとボンバー・ザ・グレートを攻撃してきた!

 「ホホホ……あたくしはマルチーワ姫!」

 謎の人物マルチーワ姫は、犬の口を胸に見立てるというちょっと面白いデザイン。

 場面はバッカスフンドとヒステリアがブルドント復活作業中のところに。

 「私の姪のマルチーワ姫を地球に送り込んだわ……

 え?

 姪とかいたの?

 姪ってことはつまりヒステリアの兄弟姉妹にあたるロボットがいて(それをバッカスフンドが作って)、さらにそのロボットが作ったロボット、ということのはずですが、その兄弟姉妹はいったいどこにいたのか。

 いくらスケジュールや残り話数の都合があるにせよ、こういうのはもっと前振りが欲しいのですが(^^;

 全ての力を息子に注ぎ込み、後をヒステリアに託して停止するバッカスフンド。序盤から「愛」を無用と切り捨ててきた彼が家族のために全てを尽くして果て、それに泣き崩れるヒステリアというねじれが生まれてますが、何分本作の「愛」概念の定義がいい加減なものなので、ちょっと感動しがたい。

 そして復活したブルドントは高笑いを上げる……。

 新生ブルドントのデザインは頭部パーツに面影を残しながらも頭身が上がって目つきも鋭く、スマートでかっこいい姿に。関さんの演技もシリアスな青年の声に変化し、今までのイメージを払拭する強烈な印象を見せてきました。

 次回、新生ブルドントの攻勢。