読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面の忍者赤影 23・24話感想

特撮感想 赤影

youtubeで配信された『仮面の忍者赤影』の感想。

23話

 赤影に恐れをなして卍党から離れようとする魔老女を、幻妖斎は許そうとせず拷問にかける。

 腕を縛られて鞭でぶたれる老婆、という非常にありがたくない絵面(笑)

 白影はこれこそ罠だと疑うが、赤影は見捨てておけず魔老女を救出。すると魔老女は赤影に対し、幻妖斎が修験堂で斑鳩一族の長と取引するという情報を提供するのであった。

 修験堂にやってきた赤影たち、白影と魔老女が修験堂の中を水晶玉で覗き見ると、確かに取引中の幻妖斎と老人の姿で、信用する白影。

 視聴者視点からは斑鳩の長の顔が映されないというだけでこれは罠だとわかるのですが、それ以前に魔老女が用意した専用通信装置を迂闊に信用するなと言いたい(笑)

 普通、何の変哲もない水晶玉に移される映像なんて1200%トリックなのですが、そういえばここは『赤影』世界、藤吉郎GPSやら非常用赤影呼び出し装置やら出てきたことを考えれば、この程度の通信装置は赤影たちの中では珍しくもないのか。

 卓越した赤影テクノロジーがかえって仇に!

 一人突入する赤影だが、やはりそれは罠で堂はもぬけのから。斑鳩の長は黒道士の変装で、赤影は堂の中で魔老女と対決。

 雪に埋まる赤影が仮面から稲妻を発して脱出する、というのはかっこいいのですが、何故かBGMが敵襲のそれ(笑)

 逃げる魔老女に赤影は爆薬を投げ、爆発する堂におののく青影たちだが、赤影参上。魔老女は死んだと告げる。

 ……死んだというからには死んだのでしょうが、明確に視聴者に死んだ姿を見せないのはいかがなものか。もちろん残虐な殺害を見せる必要はありませんが、本作は金目教編のラストを明確な死に様を見せない幻妖斎で締め、その後実は生きていた! としているので、魔老女があれで死んだように見えないのですが(^^;

 逃げる黒道士、赤影たちはさらに斑鳩の里を探す。

24話

 里を探して剣山を歩く赤影一行だが、川の水を汲もうとしたところ毒が入れられていることを確認。綺麗な水を求めて走る白影を、卍党が襲う!

 何故かピッケルのような武器を持っている幻妖斎ですが、何に使うのか。

 赤影は黒道士の影縫いで動きを封じられゼウスの鐘を奪われてしまうが、青影の登場で解放され幻妖斎と対決。白影は鎧装備の特別凧を作り、空中で黒道士と対決。

 幻妖斎と赤影のジャンプしながらすれ違いざまの格闘は時代を考えればよくできている方で、凧と傘の空中戦も火薬が多く派手。

 ところで、白蝋鬼が青影に引っ張られて転ばされ戦線離脱するなど、弱体化が著しいのですが。巨大な手を使おうよ!

 赤影は幻妖斎の一撃で腕を怪我して動きが止まり、大まんじの襲撃で行方不明に。それを探す白影たち。

 白影が青影に「弱気になるな」と励ますところ、兄妹に助けられた赤影は鐘を奪った幻妖斎と苦しむ白・青影の悪夢を見ていた。

 一番弱気なの、赤影さんだよ!

 赤影を助けたのは斑鳩一族の生き残りで、彼らの一族は鐘の奪い合いで互いに殺し合い、もはやこの二人しか残っていないのだという。

 危険すぎるよ、斑鳩一族!

 兄の方は人を信じなくなり、そのため鐘を封印したと言いますが、この後家に訪ねてきたむささび道軒にいきなり火縄銃を向けたりするので、一族みんなこういう血気盛んな気性ってことでいいのでしょうか。

 まあ、緑の服と黒マントで、緑色に顔塗りたくって額に卍の模様描いている小さなツインテールの髭面男が「怪しいものではない」とか言っても、そりゃ全く信用できませんが!(笑)

 「僕は宇宙刑事です」とか言い出すぐらい突き抜けた方がまだいいかもしれない。

 赤影の頼みで妹の方が白影たちを探しに向かうが、話を聞いていた道軒がその行く手を阻む。片腕を怪我しつつも赤影が救援に向かうが、小さなムササビが赤影を襲い大ピンチ……で続く。

 赤影の怪我した腕に赤い血がついていくのは、普段の黒服ではわかりづらい表現ができてよかったと思いますが、何分赤影は全身(特に仮面)武器の塊なので、油断できない。