読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超力戦隊オーレンジャー43話感想

ニコニコ動画で配信された『超力戦隊オーレンジャー』の感想。

 マシン獣バラペテンは若返りの願いをかなえる水晶玉を売る行商人として、新田一家に水晶玉を売る。しかしその実態は催眠効果で若返ったと思い込ませるもので、これにより家族のきずなを破壊するのがバラノイアの作戦だった!

 水晶玉の効果がスイッチ切るだけで解除できるというあっさり味(笑)

 そこから参謀長が考案する作戦がコスプレしておびき出そう! という、何がどうしてそうなったのか。

 しかも実際、これに全く引っかからず、結局はバラペテンが新田家に再び向かったためにオーレンジャーが場所を突き止める、という流れで、全く役に立ちません(^^;

 参謀長はただ単にコスプレさせたいだけで、いい感じの作戦が来る時を待っていた疑惑。

 コスプレの内容ですが、学生の樹里と裕司はまだしも、何故か女装の昌平とリキ、何故かハゲカツラと髭の桃。

 リキは顔立ちが忠誠的なので意外と似合っており、スカートを女児に引っ張られて抑えるカットが秀逸(笑)

 そして隊長の暴走族姿は必要以上に似合っているぞ!

 バラペテンの改良型水晶で今度は全く違う姿に変化した新田一家は自分たちの家を破壊し、オーレンジャーがバラペテン撃破後は崩れた家からとりあえず必要なものを拾い集めて町から出ていく、という流れを「諦めない」という言葉で前向きに見せかけてごまかしていますが、どう取り繕っても一つの家庭の破滅に何らのフォローが施されていないという恐ろしすぎるオチ。

 『シャイダー』でも疑問に思っていたのですが、80年代から90年代当時の上原正三井上敏樹等とは別のベクトルで『ヒーロー』に懐疑的だったのでしょうか、こういうヒーローが怪人撃破しただけで家庭の平和に全く介入できないので何らのフォローもされずほったらかしにされる破滅一家、というパターンが多すぎる気がします。

 ヒーローの所在に対する疑念や解釈の一つとしてそういう要素を提示すること自体はまあアリとしても、明らかにやりすぎており、ここまで内容がひどいと全く評価できません。

 次回、あっさり生きてたガンマジン再来。