読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面の忍者赤影 29・30話感想

youtubeで配信された『仮面の忍者赤影』の感想。

29話

 道中の信長を笛の音で止め、弓で射ようとする根来忍者・山彦多門丸だが、あっさり失敗。

 予備の矢も持っておらず、いきなりのズッコケ展開(^^;

 根来を警戒する赤影たちは宿をとって休むことに。どうやら侍たちは忍者を軽んじている模様ですが、この赤影たちの扱う忍術はもはや魔法の類に等しいものなのですけど、何を根拠にこれだけ強がれるのだろう。

 多門丸は宿で働く娘・絹の父が病に伏していることを知り、薬代の代わりに睡眠薬を井戸水に入れることを命令する。実行するが多門丸は生かして返そうとするはずもなく、それを赤影が助ける。白影は睡眠薬で眠る侍たちの中、信長を一人護衛に。

 青影が膝……もとい足に矢を受けるというシャレにならない重傷を負うも、赤影が多門丸を倒す。

 確か前回の忍者は「自分の一番得意な術で戦うのが本道」とか言っておりましたが、この多門丸は今回の話を見るに笛の音を使う忍術の他は弓が一番得意ということらしいのですけど、接近戦でも普通に弓を構える姿は間抜けすぎる上、先ほど見たように信長暗殺は普通に失敗している(しかも予備の矢を用意し忘れた)ので、能力に疑問が残って仕方がない(^^;

 白影の前に現れる巨大蟻怪獣ガバリ。酸で攻撃してくるガバリになかなか手を出せない白影。

 「白影危うし! 信長はどうなる!? 赤影よ早く来い! 早く来てくれ!」

 ナレーション、『ドラゴンボール』のクリリンみたいに(笑)

30話

 赤影が戻ってきて仮面ビームを浴びせ、その後に降ってきた雨に苦しんで撤退するガバリ。

 翌日、出発した一行に赤影たちは迂回するよう忠告。

 「ぬしら、夕べに懲りずまたわしらを指図するつもりか」

 いやあなたら、昨晩は薬でぐっすり寝ていて、赤影いないと殿を守れてないのですが(^^;

 明らかに赤影の方が戦闘能力上なのに、この自信がいったいどこから湧いてくるのだろうこの人ら(笑)

 家臣の一人原田伝八郎は、一人の家臣と共に怪しげな影を見つけて追いかけるが、それは根来忍者蟻身眼兵衛の罠であった。操られた伝八郎は白影を誘い出して襲い、赤影は人食い蟻の蟻塚に落とされる。

 白影を青影が救出し、逆転して伝八郎を追い詰めるとあっさり解ける洗脳。……うーん、何も解くための特別な行動があるわけでもないので、急にもう一度寝返ったようにしか見えません(^^;

 この後協力する展開になりますが、「前からお前たち忍者が気に食わなかった」ってあたりは多分本音だし。

 白影が赤影救出に走る中、青影と伝八郎は信長の下へ駆けつける。信長は眼兵衛の鉄砲隊に襲われており、次々と倒れていく家臣たち。

 多門丸と違って、きちんとした腕の部隊を連れてきたのが勝因(笑)

 伝八郎は火薬玉を投げつけ、相打ちになる形で眼兵衛撃破。現れたガバリを雨に逃げたことから水が弱点と推察し、忍術で水を浴びせて湖に叩き落として勝利する赤影たち。

 「殿! とうとう我ら三人になりましたな!」

 ドライだ、この人ら……

 せめて伝八郎の弔いぐらいしてやりましょうよ(^^;