ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面の忍者赤影 31・32話感想

youtubeで配信された『仮面の忍者赤影』の感想。

31話

 根来忍者のかげろう三兄弟、その長男の百面鬼は白影の顔に化けて侍を切り捨てる。これによって白影は濡れ衣を着せられ、砦に捕まって処刑されることに。百面鬼はその隙に白影に化けて信長に近づき、彼を殺そうとたくらむ。

 白影の牧冬吉さん、個人的に『変身忍者嵐』のタツマキの印象が強く、本作でも軽妙な掛け合いを青影と交わすコミカルな印象なのですが、百面鬼が化けた白影のシリアスな表情は非常にかっこいいです。流石の名優。

 偽ヒーロー作戦のお約束でデザインが細かく違うのはありますが、偽白影は忍び装束を着ていないというすごく大きな違いで、誰も気づかないのは気になります(^^;

 まあいつもこの服というわけではないでしょうし、イメチェンしたのかぐらいなのかもしれませんけど。

 実在人物補正で奮戦する信長だが、正体を見せた百面鬼に追い詰められる。たとえ自分が死んでも、弾正が天下を取ることはないと返す信長。

 「国を治めるために、民の信頼がなくてはならん! よいか、この信長は死んでも、やがて第2第3の信長が現れて、必ずや弾正を倒す!」

 ストレートに「正義は勝つ」というセリフなのですが、魔王の捨て台詞にしか聞こえない(笑)

 赤影に解放された白影と赤影の救援で助かる信長。死の際に、百面鬼はカブトムシ怪獣を呼び出す……

32話

 って、戦うのかと思いきや、影分身で逃走(^^;

 カブトムシ怪獣アゴンは小さくなり、それを拾う女性の声。

 赤影たちは桑名まで海路をとっていくことを選択。その浜辺で青影はかくれんぼしている少年にかくれんぼの忍術を教えるが、上手く隠れすぎて少年は置いてきぼりに。

 その後、宿でかげろう兄弟の姿を見た白影はそれを追いかけるが、それは白影をおびき寄せる罠であり、実はかげろう兄弟は信長の船を爆破しようとしていたのだ……と一方で赤影は旅館の女中の息子が浜辺で行方不明という話を聞き、駆けつける。

 下忍を蹴散らして浜辺に来た白影は、赤影から信長の命令で敵の裏をかき陸路で進む道を選んだのだと教えられる。

 赤影が去った後青影はその話を食事中にしているのですが、白影に情報を伝えなかったのは何故だ赤影。

 前回の今回で白影が偽物の可能性を危惧しているとか……ないよね?

 今回の流れを見るに、女中を目の前にして意味もなく本当の作戦話しちゃう青影の方がよっぽど信頼できないと思うのですが(^^;

 赤影と白影は戦闘の末にかげろう兄弟を撃破、親子を助ける。前回に引き続き特に白影の牧冬吉さんのチャンバラシーンが気合入っており、カッコイイ。刀と槍の二刀流という戦闘スタイルも素敵。

 それはそれとして、親子の目の前で容赦なく切り捨てているのですが、トラウマにならんのだろうか(^^;

 かげろう兄弟は死に際に合図の赤水を出す。案の定、女中に化けたくノ一・虫寄せカザハによって小型アゴンが青影の荷物に紛れ込ませられており、陸路を行く間に笛の音に応じて巨大化!

 馬から降りて立ち向かう気かと思いきや逃げる信長はまあそうだよね、と納得できますが、吹き飛ばされた青影は痛いって程度ですまんと思うぞ(笑)

 何故か浜辺まで逃げた信長たちは光線で動きを封じられ、さらに謎の液体で動きを固めてしまう……冷凍液みたいな印象ですが、動きは光線で止まっているし酸のようなダメージ与えるものでもなく、何なのか不明。

 そこに大波がやってきて、青影たちを洗い流す!

 映像見るに船で沖に出ている赤影たちが引き起こしたと思われますが、殿が流されてどざえもんになったらどうするつもりだ?!

 青影と信長は拾い上げてますが、明らかに他の家来は流しっぱなしですし、えげつないぞ飛騨忍者!

 海までは怪物も追ってこれまいと、結局海路に至る信長一行。根来は新たな忍者を赤影たちにぶつけようと考えていた……。