読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

手裏剣戦隊42話感想

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の感想。

 なんというか、万事「とりあえず」進んでいる感強くて感想が書きにくい……(^^;

 シュリケンジン奪還のため、天晴達を助けた旋風をネコマタに変身させて内部に侵入させる作戦で進むニンニンジャー。

 どういう根拠で「ニンニンジャーが姿を現せば萬月は降りてくれる」と考えるのかさっぱり不明なまま降りること前提の作戦を展開しており、旋風が他のヒャッカラゲをどうやって落とすのかとか全然考えていない作戦展開に頭を抱える流れに。

 変身の時間切れが迫る中、時間稼ぎのために結界を張って天晴と萬月を一騎打ちさせることに。結界のモヤモヤ空間は普段と違う映像を撮影したかったのかもしれませんが、見づらいだけで面白くありません。

 一人帰ってきた獅子王は好天を説得し、好天は「じいちゃんのやりたいようにやればいい」という天晴の言葉から助けに向かうことを決意。天晴に手裏剣を渡して戦わさせ、さらに獅子王がシュリケンジン奪還に成功。終わりの手裏剣を手にした天晴は萬月を撃破し、巨大化する萬月とシュテンドウジ。そして操縦できない旋風に代わって、好天がシュリケンジンを操縦する!

 本体に戻らなくてもライオンハオーは呼べるのはともかく何故か分離状態でも天晴を超絶に変えられたり、前半で「修理に預けておいた」と言及されたゲキアツダイオーが全く説明なしにいつの間にか治っていて使えたり、オトモ忍オールスターのために1話の中でさえ整合性が取れない展開は、勢い任せにしたって引っかかりが多すぎて楽しめません。

 突然ガシャドクロで援軍に来る有明の方が吹っ飛ばされ「親だろうが使える物は使う」「親を物扱いすんな!」のやり取りも、そこに至るまでの萬月と家族の関係もニンニンジャー全体と萬月の因縁も全く積み重なっていないのでとりあえず入れただけという印象。

 萬月を撃破後、家でクリスマスを楽しむ天晴達。「一人前には程遠い」という天晴に好天は「自分がやりたいことをやったまで」と返し、忍法でみんなの服をクリスマス仕様に変えて楽しむのであった。

 その後、満身創痍の萬月は九衛門と遭遇。九衛門は自分が牙鬼の実子であり、萬月の兄であることを告げる。そして爆散する萬月。

 萬月、初登場時点でどうにもパッとしない印象だったのですが、結局のところ「九衛門が牙鬼の息子」という展開を持ち上げるための踏み台でしかないという非常に残念な扱いに。

 「親を物扱い」のやり取りのように「牙鬼の実子」という設定自体はいくらでも上手く絡められる要素であり、そういうポイントすらもまるっきり活用されず。正直、初登場のエピソードでそのまま退場する展開でもよかったとさえ思うレベル。

 次回……またゲスト。どこに向かうのか本作。