読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第47話感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

 扉に苦戦する沢村大。そんな中、コム長官は焦りを見せ始める。

 怒りをアニーにぶつけておいて、アンドロメダ銀河の惑星壊滅の知らせを聞くなり冷静になる長官ですが、その壊滅の知らせがアニーにも聞こえているので冷静に見せかけて無言の圧力を目いっぱいかけているように見えるのですが、怖いぞ長官。

 「俺は戦士シャイダーの末裔ではない……もし末裔なら、この扉を開けないわけがない! 違うんだ! 俺は違うんだ!」

 そのころ、大は開かない扉への焦りから自分の存在意義に悩み始めていた。

 そして扉の上の像に手をかけると、なんと像は押すことができ、内部にパズルが。それを完成させると矢が飛んで壁を壊し、その壁から鏡が。扉からは鏡で反射して遺跡を開くレーザー光線が放たれた!

 すごく楽なパズルで、ますます前回の内容のスッカスカっぷりは間に合わせの尺稼ぎ疑惑が濃厚になっていきますが、完成させると矢とレーザーの隙のない二段構えで殺しにかかるようにできているという、どこまでもえげつないセキュリティ。

 内部に入った大は、そこにクビライが描かれたレリーフと蛇のような怪物のミイラを発見。それによると戦士シャイダーはクビライの首を落として体をこの遺跡に封印し、さらにクビライの弱点が額の眼であると示していた。すると、胴体が動いて大に襲い掛かる!

 クビライの体は操演なのか、うねうね動いてなかなか不気味。声もクビライの飯塚さんとポーの吉田さんの声が重なるのがなんとも不思議な感じに。

 武器を奪われ、圧倒的な力を見せてくるクビライに苦戦するシャイダーは、闇に封じ込められていたなら弱点は光だと推測し、外へおびき寄せる。日光を浴びて逃げるクビライを追いかけてビームガンとブルーフラッシュで倒すのですが、この辺どうも出入りの激しいシナリオになってしまい落ち着きません。

 クビライの胴体は滅ぼされるが、なんと神官ポーが遺跡の扉を破壊してしまう! 遺跡に閉じ込められたシャイダーは、はたして脱出できるのか? そして要塞と呼ばれるにもかかわらず、武器がないこの遺跡の正体は?

 (微妙な)謎を残したまま……次回、最終回。