読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面の忍者赤影 35・36話感想

特撮感想 赤影

youtubeで配信された『仮面の忍者赤影』の感想。

35話

 信長の警護のため、白影は顔なじみの伊賀忍者4人を呼び寄せた。彼らが空の輿を運んで囮になるが、それを根来忍者・流れ星左十に気づかれる。

 伊上勝伊賀忍者にとりわけ強い思い入れでもあるのか、今回の赤影は出番が抑え気味。そして強いぞ伊賀忍者(笑)

 普段の赤影たちが万能すぎるため、頭脳戦とかをトンデモパワーでひっくり返してしまう展開が多くなりがち(そういうバランスを保つためにも、敵にも怪獣とかのような突き抜けた力が必要)なところ、そういった力を持たない彼らが根来忍者との騙し合いの戦いを繰り広げるのはなかなか面白いです。

 伊賀忍者の一人は目をつぶされるが、嗅覚で敵を判別し切りかかる。しかし死んだふりをしたところで慢心して信長の場所を自供。

 このままだと伊賀忍者だけで勝ってしまえるので、どうしても弱みを作らなくてはならなくなってこういう間抜けな展開にしたという雰囲気(^^;

 左十に斬り殺されてその死体を他の忍者をおびき寄せる囮に使われるが、他の忍者は罠から何とか脱出。左十は赤影たちをフクロウの森におびき寄せ、フクロウ怪獣ガッポと共に襲い掛かる!

 フクロウだから光に弱いはずだ、と照明弾を投げる青影のもくろみ通り、目をつぶされたガッポは風を起こして左十を誤爆。左十は信長に手裏剣と刀で迫るが、刀はいなされ手裏剣は当たらない。

 ……信長が強いというよりは、この左十、弱いのでは。

 左十の株が下がることで、伊賀忍者の慢心がますますひどいことになっていく(^^;

 左十は赤影に切り捨てられ、ガッポは仮面ビームを浴びて消滅。

 トンデモ武装があってこそ怪獣の脅威はより強まるのですが、通用する・しないの境が回によって統一されてないと、どうにも首をかしげたくなります。

36話

 信長は赤影たちに告げる。

 「お前たち三人の警護の役目はこれで済んだ。これから先は自由にしてくれ」

 「何をおっしゃる?」

 「敵であれ味方であれ、もう誰も死んではならん! この信長のために、誰も死んでほしくはないのだ!」

 1話ごとの家臣全滅、きちんと伏線として拾われた(笑)

 道中根来忍者襲来を伊賀忍者に助けられつつ進む一行。赤影はとある池にて、夕里弾正が行う悪行を映し出すことで、赤影たちが旅について回らねばならない理由を説得する。

 どうにも、赤影が説得のために自分のイメージを池に映し出したように見えます(笑)

 冗談はさておき、ここまでの赤影は史実の勝者とも言える信長や藤吉郎に仕える身とすることで、ほぼ説明なしに「正義」として扱えるようにしており、これは作劇において無駄な説明などを省きつつスタンスに説得力を持たせる方法として秀逸である一方、信長や藤吉郎が本当に善なのか? という疑問も含んでいることで、とても危うい要素でもありました。

 そんな中、卍党編以降の劇中で赤影は「信長たちが平和な未来を作ると信じている」ことを度々主張するようになるのですが、そこで信長たちが話にほとんど絡んでこなかったために今一つ説得力が生まれなかったところ、今回信長を平和主義者として強調し、かつ弾正の悪行を見せることで赤影の言動に説得力を持たせてきました。

 「史実の信長」であれば疑問は浮かびますが「フィクションの信長」としては許容範囲。

 まあ、本作の信長も悪には割と容赦なく刀を抜いて戦ってはいるのですが(^^;

 目の不自由な琵琶法師に水を与える赤影たち。その法師を追いかける伊賀忍者たちは、法師に化けていた根来忍者・魔風刑部によって石に変えられてしまう。最後に上がった襲来の合図を見て白影がかけつけるも、喉を石に変えられしゃべれなくなる。

 赤影は法師に化けた刑部の連れてきた白影を介抱し、刑部の正体を見破って戦闘。言葉は喋れずとも心が読めるということで白影の真意を見抜いた赤影は忍術を回避して追い詰めるが、刑部は自らを石に変えてしまった!

 「赤影め、石が相手じゃ手も足も出まい、ウワハハハハハハ」

 確かに刀は通用しないと思いますが、どー見ても動けなくて隙だらけだろう、これは(笑)

 『変身忍者嵐』なら素手でぶん殴るところですが、笑う刑部をよそに白影が石を溶かす薬をこっそり調合(喋れるようになってますが、喉の石がないので自分の分を既に溶かしたのか?)。それをかけると、そのまま溶けて死亡。

 ここまでマヌケな死に方はそうないのではなかろうか(^^;

 そのころ、青影と信長は根来の頭領・暗闇鬼堂の襲撃を受けていたが、煽るだけ煽って帰る鬼堂。そこにヤマネコ怪獣が迫る。

 妙にナレーションが青影を推しますが、次回どうなる。