ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

宇宙刑事シャイダー第49話(宇宙刑事シリーズ最終回)感想

ニコニコ動画で配信された『宇宙刑事シャイダー』の感想。

自分の命を真っ赤に燃やし、

青春の熱い血潮をぶつけて、

地球を、全銀河を守り、戦った

ギャバン

シャリバン

シャイダー

三人の無敵の宇宙刑事にとって

平和こそ栄光なのである――

 ということで、これまでの宇宙刑事シリーズを振り返る総集編。

 ギャバン隊長のスキンヘッドがよく話題に上るのですが、シャリバンこと伊賀電もパーマがとれて爽やかな好青年っぽくなっています。

 自分の個人的な印象としては、作品としての質だと『シャリバン』が一位で、どうにも『シャイダー』はやや劣る感じなのですが、これまでの名場面も『シャイダー』はアニーとの出会いに最終決戦だけなのが寂しい。

 改めて、『ギャバン』の千葉真一さんは名演。そして大葉健二さんと並ぶと、本当に親子なのではと思うぐらい似ています。

 各ヒロインの行方も解説。ミミーがバード星で結婚式をあげるらしい、って言っているだけだととても烈自身の話に聞こえないのですが、次々におめでとうコールの後輩たち(笑)

 リリィはイガ星ではなくバード星で暮らしているそうですが、たまには顔を出したりしているのだろうか。そしてアニーはエジプトで考古学とのこと。

 ……次は、スフィンクスあたりがバード星の秘密兵器か?

 平和が一番だと笑い合う宇宙刑事たちに、

 「勇者たち。地球の子供たちは、お前たち三人が並んだ姿をまだ一度も見ていない。三人のコンバットスーツ姿を、一度見せてあげたらどうだ?」

 という、八手三郎天の声が届き、みなさんコンバットスーツ装着。

 で、これで終わりかと思いきや、露天商をガイラー将軍と勘違いして怒られるというひどいオチ(^^;

 スタッフの中でも人気だったのでしょうか、将軍。