読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダーストロンガー 7・8話感想

特撮感想 ストロンガー

youtubeで配信された『仮面ライダーストロンガー』の感想。

7話

 鎌倉観光中の客を誘拐して奴隷人間にする計画を練る奇械人ワニーダ。あるドライブインで昼食をとろうとした親子がブラックサタンの虫を食べさせられそうになり、父に逃がしてもらう少年。

 なんとか藤兵衛に拾ってもらう少年だが、藤兵衛、ワニーダを轢く。

 「驚いたか。一度網にかかった餌は、絶対に逃さん。それが奇械人ワニーダの信念よ」

 かっこつけているけど、だからって道端に転がる奴があるか(笑)

 藤兵衛を蹴散らし少年を狙うワニーダだが、茂登場。ブラックサタンの脱走者だと知っておきながら、茂の腕を噛んで感電するワニーダ(笑)

 ワニーダ、ボコボコに殴られて撤退。戦闘員から締め上げて情報を得ようとするタックルだが、タイタンの妨害の爆発を受ける。

 「0.3秒タイミングがずれたか」

 何がだ(笑)

 その後、父が現れたことで去っていく少年だが、茂がそれを追跡。途中戦闘員に襲われることで怪しくないアピールをするも、やはり罠であり茂はガスを受けて倒れてしまう。一方のタックルはドライブインを怪しいとにらみ、調査。

 鏡に姿を映して挑発するワニーダに

 「このドライブインはもう店じまいよ!」

 と洒落た決め台詞を放って鏡を叩き割るが、直後落とし穴展開で落下。

 茂の真似してかっこつけるから……

 さらに捕まった茂を寄越され、彼に絞殺される、と思いきやそれは芝居でした。

 そして伝説の迷台詞。

 「何故あのガスが効かなかった?!」

 「そんなこと、俺が知るか!」

 茂が何か対策してとかじゃなく、単純に効かないだけで、それも何故効かないのかは全く説明されず、ただブラックサタンの見積もりが甘かっただけと言う驚愕の展開。

 伊上勝さんは割と何かしらの理由を用意してくれる人なのですが、ヒーロー逆転劇として、ここまで説明なしだとかえって潔い(笑)

 車で逃げるワニーダは、電タッチで蒸し焼きにされ、今度は川に逃げるが電気ストリームで川を蒸発させられる。

 電気ストリームが川の中のワニーダに通用しないようには見えなかった(映像的に今までとさほど変わらない演出だった)ので、ストロンガーのオーバーキルっぷりが際立ちます(^^;

8話

 定番の「ダムに毒」回。

 人々が突然暴れた後に倒れる事件が発生。茂はその被害にあった親子(暴れているのは父)を発見し、鎮静剤を購入するために町へ向かう。そこで別行動していたユリ子と暴れる市民に追いかけられる藤兵衛と遭遇。

 後の伏線とは言えど、結構な大事件に思える暴徒事件の直後だというのにユリ子が普通にモトクロスレースの話を展開しており、また描写的に全くの別行動していたようなのですが、この二人、本当に協力してブラックサタンに立ち向かおうって気があるのだろうか(^^;

 追われる茂たちは行き止まりで車やバイクが使えなくなり、追い詰められる。

 「あの人たちはブラックサタンにどうにかされているだけだ。戦いにはならん」

 「でも……」

 「俺に考えがある。あの人たちをここに引きつけておいてくれ」

 そう言って藤兵衛と少年を連れて走る茂だが、市民の中にはブラックサタン戦闘員が混ざっており、ボコボコにされるユリ子。

 そこに響く口笛。

 「やっぱりブラックサタンが町の人に混じっていたな!」

 汚ぇ(笑)

 格好つけているけど、ある程度見越した上でユリ子を囮に使って尻尾を出すのをうかがっており、茂、超卑劣。

 戦闘員を蹴散らすストロンガーは少年たちと合流するが、少年の伯父が奇械人モウセンゴケに操られており、現れたモウセンゴケに締め付けられるストロンガー。しかし、伯父がモウセンゴケに掴みかかり、無残にも溶かされてしまう。それを突いて反撃に転じるストロンガー。

 少年には、知っている人が目の前で溶けるという、すごいトラウマが植え付けられていると思います(^^;

 その後モトクロスレースに参加する茂たち。何故かカブトローで参加しているし、何故かゼッケンつけてないし、また茂曰く「街の人たちに迷惑をかけたくない」という理由での参加なのですが、レースのみなさんへの迷惑は考えないのか、ツッコミどころ満載。

 襲い掛かってきた戦闘員をカブトローサンダーで迎撃する茂。煙が晴れると戦闘員が蒸発?! と思ったら左側の戦闘員が転がっており、さすがにそこまで強烈ではありませんでした。

 レース終了後、水道水を飲もうとする茂だが、その肩を叩いて止め、やってくる藤兵衛を指さすユリ子。藤兵衛が水道水を飲むと、毒の影響で暴れだす!

 「やっぱり水道だ。水道の水に薬を入れたんだ!」

 や っ ぱ り

 理解した上で水道水を飲もうとしたのなら茂が間抜けなのですが(まあ前回同様、知らないけど効かない可能性はありますけど)、映像の流れを見るにユリ子もある程度察した上で藤兵衛を実験台に使って確認しているようにしか見えなくて、こいつらは、本当にもう(笑)

 ストロンガーは親子を人質にされてモウセンゴケに捕まってしまうが、何故か目の前で毒を作るモウセンゴケを見て、ユリ子に電波通信で成分を伝える。

 虫を溶かす成分で脳を溶かすとか、さらっと危ないこと言ってるのがどうにかなるのか(^^;

 そして、わざわざストロンガーが河原で市民に殺されるよう仕向けたために、解毒剤を作られて市民を正気に戻されてしまい、またゴムの絶縁で縛れば動けまいと強がっていたのも普通に力技で縛られている木を折って脱出、というストロンガー万能すぎて手のつけようがありません。

 さらにモウセンゴケダムの中で爆発。

 あー……毒が散らばりそうな気はしますが、話を見るに奇械人モウセンゴケが体内に持っているのは植物モウセンゴケの毒(虫を溶かす程度)であり、別の毒と混ぜないと駄目、とかでしょうか。戦闘員の持ってきたフラスコには既に液体が入ってますし。ダムの中の虫やプランクトンはやられて、それを軸に生態系壊れたりはあるかもしれませんが。