読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

GATE 15話感想

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』の感想。

 基本、話の流れを追いながら思ったことを書いていく方向で感想を書いている私なのですが(これは先の展開で引っかかった時に、後から見返して伏線とか確認できれば、という意図もあります)、場面や人物の入れ替わりが激しいとどうも書くのも考えをまとめるのも面倒になってきてよろしくありません(^^;

 特に今回、テュカの話を一気に推し進めるためかいろいろ詰め過ぎな感じがして、ちょっと考えが上手くまとまってくれなくて、困っています。

 大雑把にかいつまむと、ヤオがストレートに父の死をテュカに告げたことでテュカは精神がさらに不安定になり、伊丹を自分の父と誤認するように。テュカを傷つけまいとする伊丹はヤオの行いに怒りを覚えるも、炎龍で滅びつつある故郷のことで深く苦しんでいるヤオを強く責めることもできず、以降本当に父になったつもりでテュカに接することに。柳田は資源調査の名目で行動中に偶然炎龍と遭遇して戦ったことにすれば、と伊丹をけしかけるが、伊丹は部下の命を優先して拒否。

 その後、帝都での通訳任務を命令される伊丹はテュカにしばらく会えなくなることを告げるが、精神科医との会話で「復讐によって救われることもある」という話を聞き、さらにデュラン王との会話で「人生には危険とわかっていても退くことができない時がある。心ではもう決まっておるのだろう」と諭されたことにより、出発直前でヘリから飛び降りてテュカとともに炎龍撃破の旅に出ることを決めるのであった。

 テュカの現状に寄り添う伊丹の心情を補完する内容として、伊丹にも両親について暗い過去があることが示されたのですが、かなりあいまいにぼかされており、これが拾われるのかどうかは不明。ニコニコ動画で視聴してコメント読んでいる限りだと、原作他だとここで全部語られていたものがバッサリカットされているらしく、期待できなさそうではあるのですが(^^;

 それはさておき、前半1クール最後から2クール冒頭で拾われた「責任が持てないなら手を出すな」ということについて、伊丹は部下の命を盾にできないので自衛官としては炎龍に手を出さない、というここまで同様の考えを貫く一方、自分が触れてきたために大きく変わってしまったテュカに対して何らかの筋を通さなければならない、という話に持っていくことで、炎龍退治に理由を付けつつテュカのヒロイン度が急激に向上しました(笑)

 ここまで「自衛隊」を書く話で、伊丹はあくまで視点提供者だったのが明確に「伊丹耀司」を書く話になるという大転換を迎えたのですが、伊丹はテュカに対してどのような形で責任を果たすのか、期待。

 一方、ロゥリィもまた「責任……とってよね♡」みたいな感じで詰め寄ってきた!(笑)

 腕から血を舐めとって契約完了、伊丹の魂はロゥリィの下に召されることに。

 設定上も発言内容も「炎龍と戦いたい」が本音のはずですが、なんだか自分の6分の1しか生きてない小娘に伊丹を盗られるのを危惧しての行動っぽくなってしまったぞ(笑)

 戦力は多い方がいいとレレイとヤオもパーティ参加。伊丹ハーレム炎龍討伐隊の行方はいかに。