読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

GATE 16話感想

アニメ感想 ゲート自衛隊 金元寿子

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』の感想。

 うーーーーーーーん、本作、次回予告は映像とサブタイトル読み上げだけですけど、正直言ってあの予告の内容から今回のエピソードは次回予告詐欺に近いレベルではないかと思うのですが(^^;

 伊丹の炎龍討伐を資源調査とごまかす柳田だが、自衛隊は既にその点を対処できるよう準備完了しており、さらに炎龍出現ポイントの国エルベ藩王国の国王デュランからも許可をもらう。その夜、テューレの暗躍によりノリコ暗殺に向かうデリラだが、ノリコからテューレに似ていると言われたことで動揺、そこを柳田に発見されて、差し違える形で二人とも意識不明に。自衛隊はデリラの持つ文書から指紋を検出するなど手を尽くすことで、ゾルザルの周辺が怪しいとにらむのであった。

 家族を失ったことを知って虚無的になるノリコと、未だ受け入れられず炎龍を撃つ引き金を引けないテュカと対比させる意図があるのでしょうが、どっちもここまでに半端な描写しかされていないため、いまいちつながらず。

 もっと言うと、いい加減テュカと伊丹と炎龍の話を軸にやってもらいたいのに、今回の尺の大半がテューレ暗躍とか自衛隊の炎龍調査とかに使われていて、全然見たいものが見れず、またも肩透かしを食った感じに。

 なんというか、テューレたち異世界側の暗躍で揺らぐ自衛隊&帝国と、テュカを救うため力を尽くす伊丹個人と、どっちを見せたいのかがよくわかりません。

 多分正解は「両方見せたいけど尺が足りない」なのだと思いますが、前回の流れと予告から期待したのは後者だったのに、むしろ前者メインで話が進んだので、騙された気分。

 前期終盤から、自分の欲しいものと実際に出てくるものがあまりにも噛み合わないので、もうテュカの声だけ聴ければいいか、ぐらいの感覚で見ようとしても肝心の出番が少ないし(^^;

 次回、この流れでもう炎龍との決着?