読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面の忍者赤影 45・46話感想

仮面の忍者赤影』の感想。

45話

 前回から岩怪獣ガガラに襲われている青影。赤影たちが駆けつけて攻撃するも通用せず、連れ去られてしまう。青影は陽炎に秘密を白状させるため、脅迫の材料として使われることに。

 目の見えない陽炎に対して「耳を削ぐ」などの青影に対する部位のダメージがどれほどの実感としてイメージされるのか、いまいちよくわかりませんが、雷丸や青影の言動に対する陽炎の身振りなど、盲目設定は若干持て余し気味の気がします(^^;

 陽炎は結局白状し、阿弥陀ヶ原の「影の心臓」と言われるところに秘密があると告げて雷丸と移動。青影はガガラを扱うくノ一・水乃に処分を任されるが、水乃は青影のような弟がいたことを理由にどうしても殺せず、ガガラの弱点を伝えて彼を逃がしてしまう。しかし水乃は母を人質に取られており、結局従うことに。

 お姉さんにモテる忍者・青影。

 前にもこんな感じで、くノ一が青影に手を出せなかった展開あったような、と思って確認したのですが、思いつく限り闇姫が赤影に手を出せないぐらいしかなくて、何か他の番組と混ざってしまったのでしょうか。

 そのころ、犬彦と猿彦が通信していることを知った白影たちは、猿彦を捕らえボコボコにするも命までは奪わず。なお青影と赤影を山小屋で助けてくれた二人の娘は、ここで出番終了してフェードアウト(^^;

 影の神像(でかい顔の像)にたどり着いた雷丸は、陽炎の指示に従い像の額に仮面をつけるよう犬彦を遣わすが、噴き出す毒の煙。

 「驚いているのね。影の神像は飛騨忍者の守り神よ。この世から、悪人どもを追い払う、守り神よ」

 と、笑みを浮かべながら淡々と述べていく陽炎姉さん、超邪悪(笑)

 そこに、赤影参上!

 守り神を踏み台にしとりますぞ(笑)

 雷丸はガガラを呼び出し、影の神像が粉砕されてしまうが、赤影たちはガガラが火を吐くために体内に油を蓄えていることに気づき、それを利用して倒そうと考える。

 青影の聞いた弱点が役に立たないならまだしも、手段が森に誘い込んで山火事を引き起こしそれで自爆させるって、ダイナミック(^^;

 その撃破で水乃が巻き込まれ死亡。死の間際に青影にガガラを引き渡し、弔う一行に雷丸が陽炎の命を握っていることを告げてくるのであった……。

46話

 仮面はあるが、陽炎は雷丸の手の中。焦る青影だが、既に魔風の手先が周辺にいると伝える赤影、焼き芋を始める。

 なんか、前回の毒の煙と同じ色の煙が上がっているんですが(笑)

 その火を見て降りてきた下忍たち、周辺をさらに警戒しようとすると、爆発。

 やっぱり(笑)

 ここまで見てきたので『赤影』としてどういう風になるのかある程度予想は付いていましたが、予想通り過ぎて思わず膝を叩いて笑いました。

 下忍を全滅させた赤影たちに、猿彦が今度こそ心を入れ替えるとすり寄ってくる。殺しても意味ないだろうと赦す赤影だが、相変わらずの調子の良さにうんざりしているのは確からしく、珍しく舌打ちしてそっぽ向くという行動に出た(^^;

 猿彦は策をめぐらせ、いったん赤影側に寝返ったふりをしてか面を奪ってきた、と見せかけることで陽炎の居場所も割り出すが、雷丸は見抜いており犬彦に対して仮面の強奪を命じる。

 兄弟とはいえ、ころころ信じたり怒ったりする犬彦は、実はすごいお人よしの予感(笑)

 とあるお堂で猿彦の情報を受け取った赤影と白影は、青影に仮面を預けて陽炎の幽閉された塔へ。その後犬彦が猿彦のふりをしてお堂に入り(猿彦が外出したとかそういう話が入らなかったのですが、何か説明欲しかった)、仮面を強奪して青影を気絶させ油を撒いて火を放つ。だが猿彦の杖で起きた青影は、赤影たちに危機を知らせに走る!

 池の中の塔に陽炎がいると池を渡る赤影たちは、カニの怪獣に襲われつつも塔に侵入して、陽炎を発見。

 本物を置いておく意味はないし、陽炎が突然不敵な話を始めるので、これは途中出てきた忍者・主水が化けているのかと思ったのですが、洗脳されているだけとなってずっこけ(^^;

 カニ怪獣が塔を襲うが、そこにガガラを召喚した青影参上!

 怪獣バトルとなりますが、そこそこ盛り上がった割に最後が爆発で適当に誤魔化し他っぽいのが残念。

 陽炎を助けたが、仮面は雷丸の手に渡ってしまい、まだまだ戦いは終わりそうにない……。

 この重要アイテムの入れ替え、後に伊上勝さんがメインライターを務める作品(『変身忍者嵐』の天地の巻、『仮面ライダーX』のRS装置設計図)でも使われるのですが、本作のはここまで両方が雷丸の手にあった、から始まっていてまだ冗長な雰囲気を感じさせないところに収まっています。あまり引っ張るとグダるので、ほどほどにしてもらいたいなあ。