読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

ザ・カゲスター 13・14話感想

『ザ・カゲスター』の感想。

13話

 ロングからシルエットの動きを見せたり、背後の爆炎で影分身したり、面白いカットが多いのですが、今回が長石監督デビュー作とのこと。

 ……正直、演出が面白くなかったらやってられないよ、ぐらいの微妙な話ですが(^^;

 世界征服を狙うドクターサタンが送り出す怪人キバイノシシは、怪力ロボットの開発者と水から石油を作り出す技術を作った科学者を誘拐、この二人の技術で強力なロボット兵団を作り上げようとする。

 今回からサタンの組織が統一された悪として登場し、これまでのコスプレ犯罪者路線から一転オーソドックスなヒーロー番組に。コスプレ犯罪者もだんだん怪人化が進行していましたが、これは大きな変化。

 作品の特色を削りに行くのはあまりよろしくないと思いますが、何分これまでがあんまし面白くなかったので、多少なりましになればいいなあ。

 今回はその変化を示す如く、新技流星キックでキバイノシシ、爆死

14話

 人々を人形に変えて連れ去っていく怪人カマキラー。その目的は複数の人形の特徴を合わせて最強の人形兵士を作ることだった!

 「喋れる人形」と「人間の通り動ける頑丈な人形」を合わせて無敵の兵士、とする強引さに加え、調達手段が一人一人襲って誘拐してくるというみみっちさで、前回の今回でいきなりスケールダウンが激しすぎて困惑(^^;

 人形の頑丈さを証明するべく基地の壁からパンチが飛び出してくるのは面白かったのですが。

 影夫たちは失踪した母とよく似た人形を見つけた、という兄妹の話を聞いて遊園地の人形館へ向かうが、そこでカマキラーに襲われ子供たちと鈴子を誘拐されてしまう。アジトを突き止めたカゲスターだが、閉じ込められた上に影から生まれたなら光に弱いはずだ! と唐突に明かされた弱点を突かれピンチに。

 今までそんな描写はまったくありませんでしたが、今回説明される光の照射装置が太陽光の100倍とのことで、それぐらいならまあ、と思いつつも、そんな光見せられたらカゲスターでなくてもダメージが通ると思います(^^;

 ダウンしたカゲスターに、鈴子の呼びかけで子供たちがEDを歌う。それを聞いカゲスターが立ち上がる、というのは普通格好いい場面ですが、立ち上がる瞬間を描きもせず「俺は子供たちのために負けるわけには」的な台詞も発しないまま、処刑ルームに入ったらいきなりカゲスターが消えていた、みたいにされるため、今一つ盛り上がりませんでした。

  演出は前回と同じく長石監督で、遊園地のマジックミラーなどロケーションを生かした独特の演出はやはり面白いのですが、今回はAパートでひたすら殴り合っている場面が長すぎ、全体として歪な感じに。