ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

ザ・カゲスター 17・18話感想

『ザ・カゲスター』の感想。

17話

 銀行強盗をとっ捕まえて改造人間にしようとするサタン帝国に早くも見える人材不足の危機……!

 悪質な人間が必要だったらしいのですが、作戦中に影夫に向かって「仲間の仇だ」と口走るのを見るに、改造後は人格まで完全に入れ替わってしまったみたいで、特にそこに必然性なしと言う(^^;

 怪人ハエドブラーとなった強盗は、ドブラーガスという浴びると目から壊死して死んでいく恐ろしい猛毒を街に振りまくのだ!

 と一見恐ろしい話なのに、その作戦内容がハエドブラー一人でいちいちガスをばらまいていく内容なのでいったいどれだけ気の長い計画なのかと思ってしまい、それですむならまだしもガスで目をつぶされた子供たち、都内の普通の病院で「命に別状なし」と診断される。

 そして、分析も何もないのに特効目薬が完成しており、それで解決。

 という、溝にはまったところに上からタライが落ちてきたような連続ズッコケ展開に(^^;

 カゲスターは基地に誘い込まれ、目をつぶされた上に処刑されそうになるが、目薬を輸送しようとしたところで襲われ、薬を隠して捕まった屯田警部の機転により、脱出成功。

 路線変更の影響か、今週の屯田警部は珍しくギャグの余地一切なし。基本、ギャグがあまり面白くなかったので、むしろこっちの方が楽しめる私(笑)

 眼が見えないカゲスターの救援にきたベルスターは鈴をつけたからその音を頼りに戦えというのですが、逆に利用されることに、という展開にセリフではなっているのに、実際にやることが音を鳴らしてカゲスターを呼んでいるだけで何がどう逆に利用して罠にかけている話になっているのかわかりません。

 というか、カゲスターは音を聞いても位置が分かってない(笑)

 リアルかもしれませんけど、ある意味。

 高台から岩落としでつぶそうとするハエドブラーだが、鈴はベルスターの意のままに操れるので、薬を持って帰ってきたベルスターの操作で拘束され、撃破されることに。

 鈴関連も設定追加で万能アイテムになっていきますが、今回何故かカゲスターがピンチになっても鈴がヒントくれたりもせず、都合のよさが目立つアイテムになってるなあ(^^;

18話

 アリジゴク怪人は、東京の地底に空洞を作り、これを陥没させることで東京を大破壊に追い込むアリジゴク作戦を行うため、人材を集めていた。

 どう考えても非効率な人力土木工事なこととか、地底に空洞とか、発想が東京フライパン作戦(仮面ライダーアマゾン)と同レベル(^^;

 アリジゴク怪人のデザインはスマートに洗練すれば格好よくなりそうな造形で、声も市川治さんが担当していてとても格好いいのですが、『仮面ライダーストロンガー』のクラゲ奇械人に引き続き、市川さんが声を務める怪人の作戦は残念になる法則でもあるのでしょうか。

 あと、地底に大空間作るまでもなく、人材調達のために地割れ起こして建物をいくつも沈めるという大規模破壊工作やらかしてまして、その気になれば前回のドブラーガスなんかよりも迅速かつ確実に東京を壊滅できる気がします。

 調査した影夫たちと遭遇したアリジゴク怪人はお前たちの命も明日までだと言って去るが、ドクターサタンは多少でも嗅ぎつけられた時点で予定が上手くいくはずがないだろうとアリジゴク怪人を叱責、そして人材のリストラと補充を促進して納期を今日中に繰り上げというあんまりすぎる条件を繰り出してきた!

 実際やってのけてしまうのですが、前半部まるっきり語られなかった爆弾の登場などがあって、納期に間に合わせるために計画の一部を変更して妥協案をとった疑惑が漂います(笑)

 その後影夫たちは怪しげな人の目撃情報を頼りに調査を続行し、地下空間を発見、アジトに乗り込んで爆破装置を破壊するも、それとは別にリモコンを用意していたアリジゴクは逃走。

 地割れを起こして追撃を払おうとするも、カゲスターもカゲロベエ駆使などで応戦。追い詰められたアリジゴクは、残り15秒でリモコンの中のミニリモコンを取り出し、飲み込む。

 「どうだ! 手が出まい!」

 君が的であることに、変わりはないと思うよ?(^^;

 するとカゲスター、いきなり新武器のトマホークを取り出して投げ、アリジゴクはバラバラに!

 と思ったら、治った?!

 何の説明も脈絡もなく不死身ですが、以前2時間で完全回復するんがウリだった怪人がいたように記憶しているのですが、アレやっぱり大したことなかったのかな(^^;

 結局、ダブル車輪で飛ばされると爆発して死亡なので、あんま役に立ちませんが。

 途中、時計の映像が重なるなど爆弾を用いた時間制限要素を押し出そうという意識も見えましたが、ミニリモコンを飲み込んだ後の不死身アピールなどでいまいち盛り上がらず。不死身を二回も見せたのは、単にテンポ悪くするだけで失敗だったと思います。