ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

【不定期更新】バレットガールズプレイ日誌 その2

ゲーム『バレットガールズ』のプレイ記録。

 えー、ちょくちょく進めながら書いていくつもりだったのですが、気が付いたらストーリークリアどころか全任務Sランク獲得してしまいました(笑)

 

 ストーリー上のツッコミどころはもうさておきますが、明らかに続編ありきで作っていて、思わせぶりなセリフは全て投げっぱなし、というのはいただけなかった部分。

 ゲームとしてはアサルトライフル最強説。

 というか最強装備は89式レベル3の4丁持ち。

 それまでちまちまヘッドショットで進めていたらどうしてもSランク取得できず、どうやら衣装を破壊しなければ取得できないということで面倒な、と思っていたら緊急回避動作→射撃で自動ロックオンしてから撃てる(=自動照準)ことに気づいてからは一気にヌルゲーと化しました(^^;

 その上で下手に威力高い武器だと服を破る前に倒してしまう、弾速遅いと移動中の敵に当たらない、連射が弱いと合間に攻撃食らってしまう、ということなので、有効な武器はこれらをすべて満たす89式になります。射撃精度? 服を破るだけならむしろちょっとぐらいブレて、クリティカルにならない方が都合がいいのです。

 おかげで死に武器だったショットガン・グレネード・バズーカはますます使いどころが無くなり、威力と射程と弾数の面からハンドガンもろくに使いどころが無くなり、武器選択の幅が非常に狭くなってしまいました。

 根本的な問題として、1.回避からの攻撃でアサルトライフルでもロックオン可能になってしまう、2.衣装の剥ぎ取りがどの武器でも可能、が武器ごとの個性を完全に奪ってしまっています。

 仮にこの問題をクリアしても、武器の選択肢は5つのカテゴリにそれぞれ2種類の武器が三段階の強さであるだけなので、非常に選択肢が狭いです。任務のクリア状況によっては、レベル2の武器を使うことがなくなってしまうことまでザラにあります。

 加えてキャラごとの特性(武器相性)も、使っていて目に違いが出るほどはっきりしているように思えないし、任務のランクは全キャラ共通のため、キャラを使い分ける意義も薄く感じてしまいました。特別任務と高度任務の掛け合いぐらいでしょうか。

 難易度設定が用意されていないこともマイナスで、色々総合して考えたときにアクションシューティングとしての戦略性も薄くなってしまい、正直残念な気分に。

 任務自体の数も少ないため、全体としてボリュームは少なく、ゲームとしての寿命が短すぎます。せめて、対戦プレイとかできるならまだ違った気もするのですが……。

 で、そうなるとメインとなるのはもう公式でも押し出されているエロ表現ですが、尋問特訓はアイテムがそろえば照準が出たポイントを画面タッチでつつきまくる作業ゲーになってしまうし、衣装と下着を変更できる要素も詰め不足。

 下着については上下で別に変更できますが、武器強化や体力増加などの特性が用意されており、しかし武器強化は微々たるものの上に武器選択の幅が狭いからほぼ役立たず、結論としては体力増加以外の下着にゲーム攻略上の価値は全くなし(^^; 見た目はそれなりにしっかり作りこんでいますけど、任務中はじっくり見れませんし、選択画面だとアップに限界があるので細かい作り込みに注目しづらいというもので、観賞用としては物足りませんし。

 衣装については既存の服から着せ替えられるだけで、カラーは変更できないし、眼鏡とかの細かいアクセサリーを追加することができないのがこれまた不自由。本作の衣装はDLCで有料配信されているものの、この程度の着せ替え要素だったらあえて購入してみようという意欲は、さすがに出てきませんでした。

 総合すると、発想自体は悪くないのですが、全体的にボリューム不足でアクションシューティングとしてもお色気目的のゲームとしても中途半端な作品、というのが私が本作に抱いた感想です。

 廉価版価格で購入しているので、その値段としてはまあ損はしてないかな、程度には遊べたのですが、フルプライスで購入してこれだったらダメージが大きかったかも……。

 PSvitaにおいて、私が所持している限りではアクションシューティングのジャンルでは同じくD3発売の『地球防衛軍』シリーズが、エロ表現の面では『閃乱カグラ Estival Versus』が、着せ替え・キャラメイクおよび観賞の面では同じく『カグラEV』と『フォトカノkiss』が抜きんでている、というのもあって、これらと並べて比較した評価になっている、という部分もあるのですけど。

 上にある通りアイディア自体が悪いわけではないと思うので、掘り損ねた金山、というのが本作に一番似合うかもしれません。

 本作の出来はさておき、そもそも本命は次回作で繋ぎ&予習の意図で購入・プレイしたものなので、次回作は当然買います。公式サイト見る限り、全部とは言わないまでも問題点はある程度修正されていそう(特に武器の数増加と固有武器の存在が気になったところ)なので、ちょっと期待。相変わらず対戦プレイはできそうにないので、ゲームとしての寿命に限りがありそうですが。

 『2』が出るまでの間は『ガンダムブレイカー3』でもやろうかしら。