読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

巨獣特捜ジャスピオン 第10話感想

巨獣特捜ジャスピオン』の感想。

 ある少年に発見された古代魚ピラザールの化石を、マッドギャラン遺伝子工学の権威を使って復元しジャスピオンに対抗させようともくろむ。

 その一方で地球のファッションに憧れるアンリはビューティサロンでも行ってみようと考え、向かったサロンの地下が実はマッドギャランのアジトだった! ということでマッドギャランは彼女を捕まえ利用しようと考える。

 男勝りなアンドロイドのアンリにもおしゃれしようという感情があったところは面白いのですが、根本的にアンドロイドがビューティサロンに行くって設定に無理がありすぎます(^^; その点まで含めてポンコツ、というキャラ設定かもしれませんが。

 なおマッドギャラン様、アンリがアンドロイドであることをここで初めて知った模様。

 それと並行して化石を盗み出し復元、という作戦を実行するのは遺伝子工学で復元されたアマゾネス!

 ……何故に?

 巨獣復元の前の実験としてというのはわかりますが、アンリを罠にかける女性キャラが必要と言う事情と噛み合った結果、謎の展開に(笑)

 化石を探す子供たちと遭遇し事情を聞くジャスピオンと合流するブーメランを挟んで調査に乗り出す流れに。ブーメラン合流の謎はもう置いときますが、ジャスピオンと子供たちとの遭遇がトラックに轢かれそうになったところを助け出して……とかなり強引。

 ジャスピオンはサロンを発見し、乗り込んでアンリを救出し大暴れ。今回レーザーブレード(仮)での殺陣が活用され、斬られた部分に火花が走る演出がつきました。

 アマゾネスも斬殺。

 見た目地球人と区別できないんですが、というかクローンとはいえ地球人のはずですが、いいのか(^^;

 (徳間書店の『パーフェクトマニュアル 巨獣特捜ジャスピオン』放映リストではアマゾネスを「異星人」として紹介しているのですが、劇中では言及なし)

 ピラザールとの戦闘の末、倒した後に化石を少年に……ってそれもう化石じゃないのでは(^^;