読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダーストロンガー 35・36話感想

特撮感想 ストロンガー

仮面ライダーストロンガー』の感想。

35話

 基地を探ろうとする茂だが、ヘビ女に操られた藤兵衛により崖から落とされ、エネルギーを奪われた上に毒を受けてしまう。しかし藤兵衛の協力でカブトローから充電、毒を回復して立ち上がる! 一方海外から新たなデルザー軍団のマシーン大元帥が現れ、それを追いかけてV3が駆けつけた!

 新たな敵に新たな仲間、それも先輩ライダー客演と燃える展開ですが、大元帥登場とストロンガー&ヘビ女の戦いをそれぞれ別に描写したために全体的にごっちゃになった感じがして、ちょっとついていきにくかったのが難点(^^;

 新たな幹部相手に互角以上の戦いを繰り広げ、ストロンガーのピンチを助けてさらにジェネラルシャドウとも互角に戦う、とV3をしっかり立てつつストロンガーの印象も落とさないようにして、上手くバランスとれたのは良かったです。

 ヘビ女はストロンガーに倒され、シャドウは大元帥の登場で指揮権を奪われることになるのであった……

36話

 大元帥はヨロイ騎士と磁石団長をそれぞれ四日市と東京に送り、二面作戦を決行。磁石団長が幼稚園バスを襲撃するのを守るストロンガーに、ヨロイ騎士と対決するXライダーとアマゾン。

 アマゾンは前作最終回を踏まえ、スーツ姿で来日しているのですが戦闘前にきちんと脱いで戦うというファンサービス(笑) また上半身裸に戻っていますが、撮影時期は寒くなかったのかなあ。

 そしてXライダー・神敬介も本人キャストですが、声がかなりドスの効いた感じになっていて、ちょっと不思議な気分に。こんな声でしたっけ?

 ヨロイ騎士のコンビナート爆破作戦は爆弾を一つ作動させただけに終わり、基地に舞い戻った二人は東京を火の海にする作戦を考える。目をつぶって考えていたマシーン大元帥が地図の東京を指さすとそこから燃え上がっていく、と凝った映像。

 磁石団長は自らの出す磁力で飛行機を墜落させ、東京を火の海にする作戦を実行に移す!

 ……リアルに危険な計画ではありますが、これで東京火の海に! は大げさすぎるような。『アマゾン』でガランダーの繰り出した東京攻撃作戦の数々と比較してスケールが落ちたように見えるのですが、フィクションのリアリティを見せる手法ってなかなか難儀。

 実際のところ、これで飛行機を2機撃墜、うち一機は管制塔との連絡通信が描写されるために結構な大被害が目に見えているので、恐ろしいのは恐ろしいですが。

 磁力探知機で拠点を発見したストロンガーは、先輩二人の助けを受け、磁石団長と対決。先輩二人組が戦うヨロイ騎士が投げられ、それに必殺超電ジェット投げを受けた団長がクリティカルヒットして二人仲良く爆死するのであった。握手するライダーたちに、倒れたはずの二人の声が響き渡り、自分たちは不死身だと告げる――。

 放映当時の諸事情で、本作が放映期間短縮かつ『仮面ライダー』シリーズの一応の最終シリーズとなるという話は知っていましたが、クライマックスを迎えて先輩ライダーの豪華な投入。そのいずれもが悪い扱いにならないよう気を配っていて、しっかり盛り上がりました。

 このままの勢いが続いて終わればいいのですが、どうなるか。次回はライダーマン登場。