読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

激走戦隊カーレンジャー第15話感想

特撮感想 激走戦隊カ~レンジャー

激走戦隊カーレンジャー』の感想。

 あろうことかレッドレーサーに惚れてしまったゾンネットは、強化された巨大宇宙ゴキブリGGゴキちゃんを連れて町で騒ぎを起こし、レッドレーサーをおびき寄せてラブレターを渡す。文面から真剣だと受け取るカーレンジャーたちだが、恭介は住む世界が違うからとゾンネットを拒絶せざるを得ず、街中でビルに相合傘を描くゴキちゃんと戦闘。フラれたゾンネットは芋羊羹の効力が切れて小型化したゴキちゃんを連れて帰るのであった。

 レッドレーサーに対して抱く恋心が「きゅん」の文字の乗ったハート型になって具現化するならまだしも、芋長の店主がそれを平然と受け入れており、恐るべし『カーレン』世界。そしてゾンネットの情報源が少女漫画雑誌なのですが、いいのかそれで(笑)

 一番面白かったのは、レッドレーサーに対して「ほんの気持ち」と称して、丁寧に包装されたその「きゅん」のハートをプレゼントするシーン(笑)

 前回の荒川さんは手堅く優等生な感じだったのですが、今回の展開は何か下りてきたのか色々弾けています。

 ゾンネットはレッドレーサーの変身後に惚れている一方で変身前の恭介に気づかず「一般市民」呼ばわりするのも面白いところで、はたして今後の展開はどうなるのか。

 恭介は「ヒーローとしての正義感」には結構実直なのですが、今回の対応(いきなり恋人は無理でもお友達から、とか言おうとした)とか以前の女性メンバー二人の喧嘩の仲裁とか見るに、どうもそういう方面はめっぽうダメな気配が漂ってますが(^^;