ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

眼を閉じたら通り過ぎる 思い出しもしない(コメント返信)

 

 

◆高城真琴 さん

 >個人的に思ったのは、「リコは本当に偉大な魔法使いになりたいのか?ただ、ちやほやされたいのではないか?」ということ

 リコが実は自分を認めてくれる世界を求めている、というのはありそうですね。で、その手段が「偉大な魔法使いになる」と。

 夢を追うきっかけとして「自分を認めてもらいたいから」というのは構わないのですけど、何故か本作、実際に提示した夢にきちんと向き合う気配も、それに対する積極的な努力も肯定する気配がないんですよね……。

 

 >リコにも彼女を導ける大人が必要だとは思うのですが、そんな人間が今現在誰一人としていません。

 それなんですよねー(^^; 作り手側がリズや教頭先生をマトモな大人だと思っているらしいのが気になりますし、物事を動かしているのはリコとみらいの間を取りなす「運命」で、世界に無造作に放り投げられた感じがします。

 

 >「都合の悪い事象や問題から目をそらして悩むことを放棄する」は正直作品を作るにあたってどうかと思います。

 あまり引き合いに出すべきではないと思いますが、私は『ハピネスチャージプリキュア!』がまさにその方向で大失敗した作品だと思っていて、そういう思考を「イノセント」と呼ぶことにしています(笑) 過去に済んだことは悩んでも仕方ないけど、現在進行中の問題を放置するのは違うだろう、と。

 『ハピネスチャージ』メインライターの成田良美さんが『Go!プリンセスプリキュア』で「悩むことは悪いことではない」という台詞を書いたのがまた因果な話です。

 

 >あと、どうも一度スタイル決めて変身するとフォームチェンジできないのですかね?

 劇中で明言されているわけではないのですが、バンクシーンその他の都合からか今のところそういう設定で転がっている感じですね。フォームチェンジの意義をかなり損ねていると思うのですが(^^;

 

 ◆kivaxtuto さん

 >全スタイルでも特に強力な力を持つ故に
 >使用後は特に疲労するなんて設定でもあれば

 設定上、トパーズは他の3つのフォームと同列のつもりなのでしょうけど、明らかに一個だけずば抜けて強い描写になってるのはまずかったんじゃないかと思います(^^;

 フォームごとの個性でいえば、ルビーとダイヤモンドが両方素手での攻撃一辺倒でこれもまた違いがあまり見えないんですよね。というか実質、ルビーがダイヤモンドの上位互換で、ここ数回ダイヤモンドの出番少ない印象ですし。

 

 >プリキュアではないがみらいやリコよりも
 >優秀な魔法使いたちの魔法

 魔法界でもそういう人たちがあまり描写されませんでしたが、ナシマホウ界がメインになると、そういう方向で話を転がすのも難しいんですよね。協力者がやってきても、「魔法は見られてはいけない」が邪魔をしますし。