ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

仮面ライダー(新) 5・6話感想

仮面ライダー(新)』の感想。

5話

 成田空港に着陸するOAL404便をネオショッカーが狙っていると告げる男を発見した洋は、その目的を確かめるために空港へ向かうが、OAL404便が遭難。さらに出迎えに来た母子が誘拐されそうになったところを、洋は助ける。母娘の父は人間改造学の権威田代博士で、ネオショッカーは飛行機ごと博士を誘拐、乗客を改造人間とする計画を企てていた!

 最先端医療とかではなくて人間改造学というド直球すぎる名前の学問に困惑するのですが、調べたらどうやら英語でeuphenicsという実在する学問らしく、二重に衝撃。

 博士の娘が夢で博士の誘拐された島を見たと主張することから、ライダーは娘を連れて島を探し、これを発見。娘を奪われてしまうも、ライダーブレイクで基地に突撃する。

 今週のドクバチジンですが、明らかに偶然の連続で博士の娘の誘拐に成功したのを作戦通りに誘拐してきたかのように博士に見せたり、その後突撃したライダーに対して動じず「来たか仮面ライダー!」と当然のごとく振舞って見せたりと、妙に自己肯定力が強い(笑)

 で、戦闘の途中で突然現れたゼネラルモンスターがライダーを挑発するもそれっきり。仮にも前回死亡した幹部が復活! という衝撃の展開なのに、話に全く関わらないので盛り上がりも用意されておらず、非常にぞんざい(^^; むしろライダーとドクバチジンの戦闘をぶった切ってしまい、良くない出し方。

 そして、スカイキックがドロップキックに変わった。

 話としては、特に可も不可もなし、といった感じで。

6話

 ある病院の看護師・雪絵に化けた怪人キノコジンは、その病院に入院中の足が不自由な少女・久美子の見舞いに訪れる洋を殺害しようとたくらむ。

 手始めに後ろから胞子を浴びせて久美子と洋を転落させるのですが、久美子はともかく改造人間の洋がこの程度でどうにかなるとは思えず、なんてショボイ作戦だ(^^;

 これにより目を傷つけた久美子と、疑われる雪絵の話に。雪絵に化けたキノコジンが洋に不干渉を促した後、去ってから正体を現し洋を襲撃。

 まさかの変身妨害(しかも二度)

 一度目は構えたところを戦闘員が阻止ってだけですが、二度目は明らかに敵との距離がほぼ無い状態で、ポーズをほぼ取り終えたところで飛び蹴り食らって中断。

 フェイントかけてきた(笑)

 明らかに妨害をネタとして狙っている映像で作られていて、正直笑いました。

 まあキノコジン、消火器で撤退させられるんですけど。

 これによりネオショッカーの仕業と判断した洋は、久美子が本物と偽物の雪絵を手のぬくもりで見分けたことから、雪絵に化けたキノコジンをあぶりだすことに。久美子に毒薬を渡して洋に飲ませようとするキノコジン雪絵だが、あっさり看破されてさらに本物の雪絵を出されたことから失敗。

 えー、話を総合すると「久美子は薬を渡されたときに手に触れているので本物と偽物が区別でき、それによって偽物を見破った洋は一杯食わせた」ということなのでしょうが、どう考えてもこの状況で洋宛に薬を渡してきた雪絵は本物のはずがないので、鍵となる手のぬくもりが役に立っていません(^^;

 前半の作戦で怪しかったキノコジンですが、後半、知恵を絞って繰り出す作戦がこの程度とか、頭脳に改良の必要あり。

 キノコジンを追う洋だが、幻覚作用がある胞子を食らって、会長たちが呼ぶ海へと入水自殺を図ろうとする……が、頭まで浸かったところで変身。

 ナレーション「この瞬間、キノコジンの毒が波に洗い流されたのだ!」

 ……キノコジン、毒の取扱説明書ぐらい読んでおこうよ。

 順番から言って「変身したから耐毒性が強化されて波で洗い流せた」ではなくて「波で毒が流れたから変身できた」が筋だと思うのですが(前者だったら水に浸かる前に変身すればいい)、いずれにせよ入水自殺を図らせたのが失敗に変わりはありません。

 「貴様は! 水の中でも変身できるのか!」

 それ以前の問題だと思います(^^;

 洞窟に逃げるキノコジンだが、ライダーブレイク(壁破りは格好いいのですが、バイクはすっかりこれ専用装備)で突入され蹴り殺される。かくして雪絵の濡れ衣は解消され、久美子も元気に快復するのであった。

 雪絵・久美子と洋の関係が唐突に用意されていることに始まり、怪人の頭の悪さ、出自の設定の無意味さ、あまりにも雑な解決など、グダグダの話(^^;

 あと、飛田は今回ぎっくり腰で薬貰ってましたが、これまで感想でまるっきり触れるところがないのはなぜかというと、単純に話の本筋にあまりにも無関係すぎて、話題に出すほどの存在ですらないからです(^^; ジャーナリスト設定ですが、洋と連携して敵に立ち向かうのでもなければ行く先々で洋にトラブルを持ちこむわけでもなく、存在しなくても話が成立するためどうでもいいというのが私の偽りのない本音。コメディリリーフにしては、怪人見て驚いて気絶パターンばかりで面白くありませんし。