読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

巨獣特捜ジャスピオン 第25話感想

特撮感想 ジャスピオン

『巨獣特捜ジャスピオン』の感想。

 遠くから戦士ガサミ兄弟を呼び寄せたマッドギャラン。ガサミ兄弟はかつてジャスピオンが立ち寄った惑星トドを攻め、そこに住む巨獣ナマゲラスと親交のある少年ココを連れてきていた。ナマゲラスを殺すと脅されたココは、ジャスピオンを罠にかけることになるが、毒花に捕まってしまう。同じく捕まったジャスピオンは脱出してココを治療することに。

 ガサミ兄弟が今回のゲストエイリアンですが、弟が不思議コメディシリーズでおなじみうえだ俊さんで、「お兄ちゃん」と度々呼んだりと妙にコミカルで、ジャスピオン一人に完全に圧倒されているなど、マッドギャランの「百万の味方を得たも同然だ」がすっごく薄っぺらく感じます(^^;

 しかも、マッドギャランの作戦の真意はココをおとりにジャスピオンを陽動して、東京の地下に眠る巨獣ドンゲスを暴れさせることだったので、本当に兄弟がどうでもよさそう。

 ドンゲスのデザインも、悪くはないのですが角がぶらぶら動いているのがすっごく弱そう(^^;

 ココを治療中のダイレオン内部で、大きなサイレン音を鳴らしながら街を次々沈めていく映像が出てくるのは、これが最終回と言われたら信じるほど迫力あったのですが。

 毒にうなされているのか、ナマゲラスが地球に来ているとつぶやくココを後にガービンで地底のドンゲスに突撃するジャスピオンだが、ドンゲスの強さにガービンでは歯が立たない。万事休すとなったその時、ナマゲラスが飛来してドンゲスにとびかかった!

 話としては薄味もいいところだった今回ですが、巨獣が2体も並んで戦っているところにダイレオン追加となれば、さすがにテンション上昇、ナマゲラスもダイレオンも空中を回転するようなダイナミックな動きを披露して、本作の巨大戦の特徴が一つ存分に発揮されています。

 ドンゲス撃破後、ガサミ兄弟と戦うジャスピオンだが、やっぱり情けない弟はコズミックハーレーにより塵に還るのであった。

 それを見て速攻で退却指示するマッドギャラン(笑)

 ココとナマゲラスはエジンの星で引き取ることにして一件落着。ナマゲラスとココ自体はそんな嫌いではないですが、特別飛びぬけて面白い話を提供しそうにない設定でもあって、都合よく使われないことを祈りたい。

 次回、ダイレオン、戦闘不能!