読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

激走戦隊カーレンジャー第26話感想

特撮感想 激走戦隊カ~レンジャー

激走戦隊カーレンジャー』の感想。

 カーレンジャーが開発した新兵器ギガブースターを、お得意様に送り届けるゆりかごと間違えてしまった実は、単身荷物を追いかけて北海道へ。一方で東京に現れたボーゾックDDドンモは、通販で取り寄せたアイテムを駆使してカーレンジャーを翻弄する。

 開発した新アイテムを誤配送という展開は、まあ本作ぐらいでしかできないでしょうな(笑)

 多彩なアイテムや、ドンモへの対策として送り届けられた荷物をクーリングオフする作戦などは面白かったのですが、いざ北海道にて赤ちゃんをギガブースターから離すためにギャグで気を逸らさせる部分が面白くならず(^^; 単純に劇中のものが面白くないギャグというだけでなく、演出も興味なさそうに鳴く牛などは、あまりに狙いすぎていて自分のツボには入りませんでした。

 いっそ、実のイメージでノリノリで発射するお得意さんがあったのだから、本当にそういう人にしてしまえば面白かったかもしれませんが、ギガブースターの話を聞いて「まあ大変」程度の反応はするけどそこまで深刻そうにないこの人は、ヤバいのは確かです(笑)

 どうやって北海道から帰るのかという部分も、サイレンダーに投げてもらうという展開ですが、サイレンダーをどうやって北海道まで呼び寄せたのかは全く不明で、完全に「ギャグだから」で投げ捨ててしまっています。

 ギャグと言うのはリアリティに関わる部分(その世界でそれがどれだけギャグとして通用するのか)なので、実が投げられても平気なところを流せるかも結構きわどいところです(^^; いくら本作でも、さすがにそれは死ぬと思うのですが。

 次回、シグナルマンの家族エピソード。