読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

激走戦隊カーレンジャー第27話感想

特撮感想 激走戦隊カ~レンジャー

激走戦隊カーレンジャー』の感想。

 「チーキュ ニッポンポン コバーンベース」宛できちんと届けられる日本郵政がすごい(笑)

 息子シグタロウからの手紙で、帰るべきか地球にとどまるべきか迷うシグナルマンは、バイクを壊してしまいペガサスに修理に運ぶことに。一方ボーゾックは年に一度の祭りの準備中で、ボーゾックのピザ職人XXミレーノが地球に降り立ちカーレンジャーをピザにしようとする。

 シグナルマンをやり過ごすために騙す手口がピザが交通ルールを破って妨害しているというセリフで、動くピザが標識や信号を妨害するという気の狂った映像(笑)

 平然と受け止めるシグナルマンですが、浦沢ワールドなので仕方がない。

 ペガサスサンダーたちをもピザで操るミレーノにより、カーレンジャーはピザの具にされ焼かれてしまうという、戦隊なのでマイルドにしているものの考えたらえげつない映像と作戦(^^;

 市太郎に家族のことを聞かれて悩むシグナルマンだが、オーブンの煙を発見してカーレンジャーを助けに走る。カーレンジャーと共にミレーノを倒し、自分には仲間がいることを改めて悟り、仕事を選ぼうとするシグナルマンだが、ゼルモダが市太郎を誘拐して次回に続く。

 内容はオーソドックスながら、ここ数回シグナルマンと行動を共にしていた市太郎が子供の立場からシグナルマンの息子に共感してシグナルマンを揺らしてきたことなど、要素の使い方が綺麗に纏まっていました。

 戦闘時の、赤信号でペガサスサンダーとドラゴンクルーザーを洗脳から解放するシグナルマンなど格好いい場面や、道を飛んだりうごめいたりするピザという気の狂った映像まで、メリハリをつけて演出した田﨑監督もお見事。