ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~ 第11話感想

『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』の感想。

 「この曲のコンセプトは『無敵』で行くぞ!」

 ジャスティスハリケーン!

 ……失礼(^^;

 

 バラエティ番組への出演などもあってドーム公演まで着々と準備が進むBプロだが、夜叉丸は相変わらず姿を見せず。つばさは夜叉丸がいない中でA&Rとしての使命を全うしようと尽力するが、新曲のデータが送れなかったり専属メイクが外れてしまったりとトラブルが相次ぐ。そしてドーム公演まであとわずかという時期に、なんと未発表のはずの新曲が別のアイドルグループの新曲として発表されるという、衝撃的な事件が発生する!

 つばさの一声でドーム公演までに新曲を作ることになり、やっと主人公らしく話の中心に収まってくるつばさ。

 第1話の内容だけで言えば、ここに至るのが当然の話だと思うのですが、この11話まで話のほとんどがアイドル同士の友情や行動で占められており、つばさは事態の進展への貢献がほとんど無いかあってもささやかすぎる展開が多すぎたため、多忙で肉体的にも精神的にも疲れが出ている描写にどうしても入り込めず(^^;

 作品の終盤をここに持ってくるのなら話の中心につばさが置かれるような内容をもっと展開しておくべきだし、アイドルの描写に注力するなら作品の終盤の軸をここに置いてはならなかったと思います。

 これまでつばさが中心に話が展開され、つばさがどういう人間でそれぞれのアイドルとどういう関係で接しているのか、自分の境遇をどう感じているのか、そういう要素が積み重ねられた上で「A&Rであるつばさの言葉を信じる」というアイドル達に共感できる部分が発生するわけですが、本作はどういう理由でつばさがアイドルごとの呼び方に「さん」と「くん」を使い分けているのかさえ不明(推測できる理由となりそうなものもない)なぐらい、そこの話が全然用意されていないので、彼女に従うアイドル達にも今一つ共感し辛いという困った状況になっています。

 結局、終盤のここでつばさが中心にやってくる理由は「彼女が主人公だから」というメタ的な理由以外に考えられないのです。

 企画の内容と都合からアイドル側の設定と描写は無視できないということはわかりますが(正直言ってそちらも、特に増長や愛染などは上手く転がったとは思えないのですが)、つばさの設定をないがしろにし過ぎたツケがここに回ってきた、という感じ。

 つばさの主張自体は素直で善良と言ってもいいのですが、7話感想で書いたように本作メインメンバーは全員超良い子の集団なので、つばさじゃなくても誰か同じことを言いそうなぐらいに思えてしまうのも、痛手。

 この時点で本作は物語としては完全に失敗作だと思うのですが、その辺は最終回終わってから総括で書くと思います。

 あと、王茶利が全裸でつばさの前に現れてしまい、つばさが悲鳴を上げるギャグシーンがあるのですが、内容自体は或る種定番ネタレベルでアリとしても明らかにこの話数でやるようなギャグではなく、何故今更ここでそんなギャグをやってしまうのか(^^;

 こういうギャグはやるなら遅くても3話ぐらいで片づけるべきだし、つばさはMooNsメンバーが裸で温泉に浸かっている中、平気で会話していたのですけど。

 新曲もやっと完成し、完璧だと喜ぶメンバーだが、そこに夜叉丸からテレビをつけるように連絡が入る。テレビをつけると、そこにはBプロメンバーが事務所を移籍するというニュースが大々的に報道されていた、と最後に急展開を見せて次回、最終回。