読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

巨獣特捜ジャスピオン 第42話感想

『巨獣特捜ジャスピオン』の感想。

 高い知能を持つブレイン星人の科学者一家を拉致したマッドギャラン軍団は、その一家に要塞都市建設計画を立てさせるが、善良なブレイン星人は拒絶して逃走。ジャスピオンにより両親が助けられるが、息子のピッピが行方不明になってしまう。

 この終盤に来てサタンゴースですら攻め入ることができない堅牢バリアを持つ惑星が存在するって設定を繰り出してしまうのは、どうなのか(^^;

 というか、黄金の鳥の子供たちはそこに匿えばいいのでは。

 ピッピは、いじめが原因で不登校となった少年・浩と出会い、友情を育むことに。ピッピは再度誘拐されるが、浩に送ったテレパシーにより場所を特定され、ジャスピオンに助けられる。ジャスピオンは宇宙忍者モクをコズミックハーレーで倒し、ブレイン星人は無事故郷に送られることに。さらに浩は黄金の鳥の子供の一人で、エジンの園にかくまわれることになって仲間もできたのであった。

 って、まるっきりあらすじになってしまいましたが、だいたい話としてはそんなもんで、特に内容自体は破綻してないけど面白くはなし(^^; 引っかかるのは、ナレーションが説明することで「浩は強い心を持てたからもういじめられない」みたいに既成事実にしてしまっていることですが、一応黄金の鳥の子供たちがいるおかげで救いにはなっているものの、相変わらず上原さんの価値観は「いじめはいじめられる側の心の問題」なのだなあ……。

 話は特にパッとしないのですが、妙な切り抜き合成で四方八方から攻撃する宇宙忍者とか、煙出しながら飛んでいく貝でピッピを捕まえるギルマーザとか、アイアンウルフに跳ねられて回転しながら飛んでいく宇宙忍者とか、巨獣が出ない分だけ気合入れようとして色々吹っ切れたのか、合成を多用した戦闘の演出が色々面白いことに(笑)

 うん、まあ、それぐらいしか面白いところはないかな……さすがにやりすぎ感漂っていて、シナリオの微妙さを勢い任せで乗り切ったようにさえ見えますし。

 次回、不思議の国のサタンゴース。