読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

巨獣特捜ジャスピオン 第44話感想

特撮感想 ジャスピオン

『巨獣特捜ジャスピオン』の感想。

 日本各地が瞬時にジャングルとなる怪事件が発生。ジャングルとなった都市部は巨獣の生息地となっていき、徐々に巨獣帝国完成の時が近づいていく。

 脈絡もなく悪役が大規模作戦を行ってしまうと「最初からやれ」となってしまうのですが、本作は一応(後付っぽいけれど)これまでのサタンゴースが不完全形態で、前回とうとう脱皮を終えてジャスピオンをも圧倒する完全体になった、としたことで作戦スケールの変化に理由を持たせました。

 結果としてマッドギャランの言動がさらに小者臭くなりましたが(^^;

 人間狩りを開始するマッドギャランに、黄金の鳥の子供を見つけようと急ぐジャスピオンだが、自分たちで何とかしようと飛び出す子供たち。

 どうやってエジンの里から地球まで来たのか不明で、異様に雑な転がし方をするのですが、結局5人そろわないと黄金の鳥は反応しないというオチ。要するに無策も同然だったのですが、かの子は本当に16歳かと思うほど頭、弱いなあ。

 結局、いつも通りのアイフルビーム空襲によって救出される子供たちだが、ジャスピオンに向かってくる巨獣。ジャングルは大サタンゴースゾーンになっており、ダイレオンが呼び出せない中、ジャスピオンはどう対抗するか?

 新技・コズミック電光ダッシュとコズミックハーレー流星斬りを繰り出して巨獣、爆散。

 最終盤にきてとうとう戦闘巨人ダイレオンの存在意義まで怪しくなってきた(^^;

 その後はブリマ・ギョールの二人と対決し、合体した二人をコズミックハーレーで返り討ちにすると、マッドギャランが逃走したのか普通にジャングルの中に戻って、人間狩りに遭っていた人も助けられるのであった。

 ブリマとギョールは、以前の四天王二人(ザンパ、イッキ)と違って特に過去のキャラ設定とかも深く解説されないまま、作品全体が終わりそうなので片づけておいたみたいな感じに。

 今回の騒動を終えてもなお、日本ジャングル化は止まらない、という話になっていき、正直この2名の処分以外の大筋はほとんど何も動いていないという、困った内容に(^^;

 次回、サブタイトルからしてマッドギャランの最期か。