読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

コンドールマン 13・14話感想

特撮感想 正義のシンボル

コンドールマン』の感想。

13話

 マダム・バーベQとサラマンダーに追い詰められたコンドールマンだが、呪文を唱えるとコンドールサンダーで結界を破り、あっさりとマダム・バーベQを撃破。サラマンダーは腹の頭(デベソらしい)をもぎ取られ、本拠地に引き寄せられる形で撤退。

 モンスター一族の軍事裁判の結果、処刑が決まるサラマンダーに綺麗な花を押し付ける一族幹部。

 これまでヘドロなどを薬にしてきたモンスターは、綺麗なものの中では生きていけない、として強烈な内容(笑)

 サラマンダーは再度のチャンスを懇願し、新型爆弾を持って日本へ。コンドールマンの活躍で取り戻された食料の配給が行われ、明るい空気に変わる中、コンドールマンは残された大臣の関連企業を探るも、サラマンダーは三矢家を襲い誘拐してしまう。

 子供はいいから老い先短い自分から殺せ、と三矢家が覚悟完了している一方、目の前で子供から殺してやると返すサラマンダーの容赦のなさが実に本作らしい。

 コンドールマンが飛んで来たら新型爆弾で、という作戦を考えるサラマンダーだが、コンドールJr.の作るコンドールサークルにより、呼び寄せられるコンドールマン。そしてコンドールサークルの光は、サラマンダーにダメージを与え、コンドールマンが爆弾のリモコンと人質を奪い返す隙を与えてしまう。

 爆弾がリモコン奪い返しただけで解決扱いにされ、コンドールサークルを使う展開の都合で、そもそもゴールデンコンドルに変身して空から探せばいいものを何故かそうせず待ち続けるコンドールマンと、同時に拘束されていないコンドールJr.という、色々おかしな描写が散見されてしまうことに。

 コンドールマンはサラマンダーを追い詰め、本拠地に逃げるサラマンダーだがキングモンスターに見捨てられ(ちなみにこれが初のキングモンスターとコンドールマンの顔合わせ)、アジトごと放棄されてしまう。激しく爆発するビルを眺め、心配するまことたちだが、コンドールマンはゴールデンコンドールに変身し、脱出して人々に再び希望を与えるのであった。

 うーん……サラマンダーがハンガー作戦編の大ボスとなるのですが、人間の姿で企業の社長や国政に入り込んで作戦を指揮していたサタンガメツク・ゼニクレージーの両名と比較して、どうにも格上の存在っぽく見えません(^^; 特にゼニクレージーは、OP・EDともに出ていることもあって、なおさらそちらの方がボスっぽい感じがします。

 敵の扱いは、毎度割と雑な退場をさせられる作品ではあるのですが、実質的に第1クールのクライマックスは11話、というところで、失速してしまった感じに。

14話

 総集編、ということなのですが、Aパートほとんど第1話の内容(笑)

 このまま全編、これまでの解説で進んで前回と同じラストにする『赤影』パターンかと思いきや、Bパート後半、この事件をきっかけに人々が己を恥じ、自然とコンドールマンに感謝すると展開され、さらにコンドールJr.の「戦い」として海辺のゴミ拾いを描写。

 単に総集編だからと、これまでの展開をまとめるだけで終わらせず、作品のテーマを明確に示し、それに伴うヒーロー以外の描写……と、こういう面の誠実な作りが、本作を安心して見ていられる部分だと思います。

 しかしモンスターは新たな作戦を開始。海辺に現れる謎の暗雲を見た一心はコンドールマンに化身して走るが、暗雲は既に石油コンビナートを破壊しており、悔しがるコンドールマン……で不吉な予感を漂わせる引きで新章を幕開け。

 全24話らしいということで、第2クールの残り10話、どう展開されるか引き続き楽しみです。