読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

電磁戦隊メガレンジャー 第8話感想

電磁戦隊メガレンジャー』の感想。

 作戦が進まないヒネラーたちに憤る皇帝ジャビウス。ユガンデは今度こそはと、メガレンジャー打倒の秘策を考える。

 一方、デジタル研究会から離れてゲームセンターで特訓と称して一人遊ぶ健太。そこにユガンデの作り出した異空間が出現し、罠だと警戒するメンバーに対して、メガレッドは挑発に乗って単身で突っ込む。しかしユガンデの力は相当に強く、なんとか乗り込んできたメンバーの内ブラックが負傷、撤退することに。

 単独で突っ走って失敗、と展開した上でその後も自ら責任を取ろうと突っ走ってしまう、と転がして、健太を少し好感度が上がるように肉付け。

 メガレンジャーにおけるチームワークの意味を強調する一方で、一人だけでなんとかなると思い込む健太に旧友を重ねる久保田、という話が挟まれ、今後の展開に含みを持たせることに。

 劇中の回想から、久保田の旧友である鮫島=Dr.ヒネラーであることが視聴者には明かされるのですが、さてどう展開されるのか。

 巨大化して襲うユガンデに責任を取ろうと一人突っ走ろうとするメガレッドだが、巨大ユガンデに単身でかなうはずもなく、ブルー・イエロー・ピンクに助けられる。そこに怪我を押してブラックも登場。

 「いつ仲間じゃないって言ったよ?」

 「メガブラック! お前、こんな傷で……」

 「たいしたことじゃないさ。お前の友達やってるんだ。多少の迷惑かけられることぐらい、最初からあきらめてるよ!」

 改めて、耕一郎は超いい奴です(笑)

 ギャラクシーメガ召喚でユガンデと対決。分身攻撃で翻弄するなどさすがに幹部の貫禄を見せるも、ギャラクシーメガに目立った外傷もなく、チームワークの分析であっさり分身を看破され、倒されるのであった。後日、やたら腰の低い健太がジュースを買ってきたが、慌てて缶を耕一郎の腕にぶつけてしまう、と笑いのオチ。

 枠が移行したことで1話の時間も長く使えるようになり、ドラマ・戦闘共に余裕が出たのは良かったところ。改めてメガレンジャーたちの関係を補強し、久保田博士とDr.ヒネラーの意外な過去が明かされ……と仕切り直しの新第1話といった趣で、面白かったです。

 次回、よくもこんな(以下略)