読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

キラキラ☆プリキュアアラモード 第9話感想

キラキラ☆プリキュアアラモード』の感想。

 見どころは、保育園児に詰め寄られてしぼむゆかりさん。

 弱点は子供なのか、それとも危険を察知してキラキラル製風船人形を置いて回避したのか、ゆかりの場合どっちでもありうるのですが、これが本編での初デフォルメ顔か(笑)

 キラパティを繁盛させるべく店の設置場所を考える一同だが、上手くいかず。そんな中、クッキーを探してスイーツ店を渡り歩く青年タツミが幾度かキラパティの前に現れる。保育士として働いている幼馴染のみどりに恋心を抱くタツミの話を聞いたいちかたちは、みどりとの思い出の品がクッキーであることからタツミを励ますべくクッキーづくりに取り掛かることに。

 プリキュア達が積極的にタツミ青年の恋路を助けにかかるのではなく、あくまでタツミの想いを汲み取ったうえでクッキーを作って励まし、実際にみどりに思いを伝えるかどうかはタツミ自身の意志に任せる&それを邪魔するスイーツアニマメイツ(仮)はプリキュアとして撃破。

 という設計自体は良かったのですが、タツミの自分語りと戦闘後に外装が傷んでしまったクッキーを見てなおも諦めないあたりなどは、ちょっとセリフ回し等がくどくなってしまった印象。

 今回、脚本ローテから伊藤さんかと思っていたのですけど、この辺のくどさに違和感を覚えてEDで確認したら、黒須美由記さんという初めて見る名前。シリーズ初参加どころか検索しても情報が出て来なくて、演出家か誰かの変名なのでしょうか。

 根本の設計そのものは悪くないとして、どうしても気になって仕方がないのが、タツミのファッションセンスはどうにかならないのか(^^;

 保育士として働いているみどりと同い年のタツミ青年が、昼間からポ○モントレーナーのごとき服装で街中をウロウロしているのが、絵面としてすごく違和感を覚えるところ。というか、タツミ青年、無職なのではないか。

 まあそもそも、プリキュア達も学校をさておいて昼間からキラパティ営業中なので休日の可能性はある(の割に、保育園が営業中なのは謎ですが)し、タツミもこの日に休みを取っただけで働いている可能性も十分考えられますし、仮に彼が無職だとしてそれが話の内容に直接関わりはしないのですけども、彼の服装が回想の幼少期と全く同じデザインなことや、みどりへの恋心が小学生のころのままという事情も併せると、なんだか大人になれなかった子供とか、過去の思い出に囚われて止まってしまっているとかのような、ネガティブな想像が頭に浮かんでしまいます(^^;

 それは流石に深読みしすぎなのでしょうが、そういう風に読み取ってしまったので、今回のオチはみどりには既に彼氏なり夫なりがいて、タツミはフラれてしまうけどむしろそれがきっかけで改めて前を向けるようになる……という某新海誠作品みたいな苦いけど明るい結末になるのかなーというところまで想像していました(笑)

 実際はそんなに厳しいことはなく、普通にみどりにクッキーをプレゼントできて、動物の内装のキラパティで割れてしまったクッキーを分け合うというところに着地。

 それはそれでいいのですが、しかし、結局「みどりが好き」という気持ちは正しく伝えられておらず(「クッキーが好き」と誤解されてしまった)、恋愛については多少なり進展は見られたものの本来の目的は結局達成できてないため、これを「大成功」と認識して喜ぶいちかには、どうしても首をひねらざるを得ませんでした。

 まあ、いちかとしては「自分たちの作ったスイーツでお客さんが笑顔になれば成功」という認識で問題ないのかもしれませんが、お店に客を呼び込めない問題も解決していないし、それでいいのか? という違和感がどうしても。

 そしてアニマメイツの扱い、前回同様の問題を改めて感じるところですが、ここまでの設定上プリキュアには面と向かって倒さなければならない理由が無い(長老の話を信じるなら、プリキュアとは本来無縁なので「倒す使命」は存在せず、あくまでいちかたちが個人的に力を使って追い返せるなら追い返す、という話になっている)し、敵の正体は不明な部分が多すぎるのでプリキュアが動いて止めにかかる術もないと、理屈では納得できるものの当面これで進むしかないと思われるのが厳しい。

 食品を扱うヒーローなので『アンパンマン』のばいきんまんを意識しているところはありそうですが、毎回違うのが出てくるので話が進むたびに敵の数が増えており、深刻な問題となってきてるように感じられるのですが(^^;

 次回、あきらVSゆかり。